« 未だ未だ続くナイツ語り | Main | 怪人&大王様(ちょっぴりネタバレ) »

Friday, 28 January 2005

やっぱり続くナイツ語り

何かアレですね、ガウェって秘かに「守られキャラ」の様な気がして来ています。司教お迎えバトルの時はウォードに後ろを取られて(苦笑)馬上から引きずり落とされて、すかさずガラが援護射撃してくれてます。氷上の闘いでも、ダゴを拾いに(←おいおい)行こうと駆け付けて、やっぱりガラが援護射撃(雄叫び付き)。最後のバトルでは、サクソン軍が放った矢に思いッ切り肩を射抜かれてしまい大ピンチになるモノの、アーサーが援護に駆け付けてくれました。ノヴェライズだとココでアーサーとショート漫才を繰り広げてくれるんですが(ガウェ:ボケ&アーサー:ツッコミで宜しく)、残念ながらディレカット版でもそこは再現してくれませんでした。
一応ランスロットに次いで強い騎士って設定らしいのですが、こーゆー所ばっかり書き列ねて並べると、あんまり強くなさそうに見えちゃいますよ(苦笑)。

そう言えば、マリウス一家救出オペレーションへの同行を訊ねられた時に、「オレも行くよ、ガラハッドもだ」とガウェが問答無用で答えて(ボケ)、『えええええ?マジ?なんでお前が答えるんだ?ってかオレの意見は?』とガラが目線で訴えた(ツッコミ)辺りは、もしかしたら「守られキャラ」としての深慮遠謀だったのか?!(←絶対に違います)

そのガウェ以上に実は「守られキャラ」なアーサーは、何かっつーとすぐ人様に剣を突き付ける癖(癖なのか?!)があるので周りは大変です。
1:初っ端のお迎えバトルでマーリンの子分に向かって。
2:マリウスの館で「人間は誰しも、産まれながらにして自由なのだ!」と言いつつ村人達に向かって。
3:地下牢の入り口でマリウスの傭兵達と修道僧達に向かって。
4:地下牢から出て来てマリウスに鉄拳を喰らわせた後地べたに転がったマリウスに向かって。
5:雪中キャンプの夜にグィネヴィアからマーリンに引き合わされた時両者に向かって。
6:翌朝主を失ったマリウスの傭兵達に向かって。
7:最後のバトル直前に馬上からセルディックパパに向かって。
1と3〜7までは相手も武器を携行しているから未だ分かるンですが、2だけは丸腰の相手に向かってやってますがな…(汗)。そう言えば、ガラハッド迄ローマ兵相手に短剣突き付けてたりするのも、実はそんなアーサーを見習ってたりするんでしょうかね(←絶対に違います)。

結局の所アーサーの持ち味は「猪突猛進」な所だから、そんなアーサーを放っておけなくってナイツは付いて来てるンだと思います。ウォードに剣を突き付ける時にはダゴとランス、ホンモノの司教に声をかける時にはガウェとボースがしっかり後ろを固めてますし、酒場のシーンでは黙って立ち去ろうとするアーサーを付人のジョルズが目敏く見付けて声をかけてます。マリウス一家救出オペレーションの際も、アーサー一人で壁の向こうに行っちゃいそうだから、そんな彼を放っておけなくって付いて行くってカンジがしちゃってなりません。マリウスの地下牢に乗込む時や、氷上の闘いでダゴを拾いに行く時にしてもそうだし、最後のバトルにしても何だかんだでアーサーを放っておけないナイツ(特にランスロット)の面々でございます(苦笑)。

|

« 未だ未だ続くナイツ語り | Main | 怪人&大王様(ちょっぴりネタバレ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/2755540

Listed below are links to weblogs that reference やっぱり続くナイツ語り:

« 未だ未だ続くナイツ語り | Main | 怪人&大王様(ちょっぴりネタバレ) »