« やっぱり続くナイツ語り | Main | 「アレキサンダー」雑感(モロにネタバレだらけ) »

Saturday, 29 January 2005

怪人&大王様(ちょっぴりネタバレ)

て事で本日は「オペラ座の怪人」初日でございました。午後に「アレキサンダー」の試写会があった関係で、朝イチの回に都内某所にて鑑賞。全然知らなかったんですが、チケット確認の際にオリジナル・フォトカードなんてモノを頂いちゃいました。先着2万名に配ってたそうで、後からその事を知ったダメダメな自分…。表側にはジェリー君@ファントム&エミー・ロッサム@クリスティーナ、裏側には「ポイント・オヴ・ノー・リターン」の歌詞とその日本語訳が書かれています。アクセサリーとは無縁の人生を謳歌している自分としては、スワロ*スキーのクリスタルよりこちらの方がナンボか嬉しかったですな(←そんなンはお前だけ)。

映画の方はドコを切ってもまんま「ファントム」(笑)。「シカゴ」がミュージカル的要素を映画的切り口で表現しようとしていたのと比べて、こちらはミュージカルその物を映画で表現した、と言うカンジです。そもそも舞台と言うのは「ハコ」のサイズが決まっている為、その限られた空間と時間の中でどう演出を施すかが勝負所なのですが、それ等の制約が全て無くなったから、とにかく目一杯作り込んだぞー!ってな作品でした。
その為かミュージカルに比べて、ラウルのキャラがかなり「立って」ます。いきおいファントムとクリスティーナの関係も、ミュージカルに比べて随分と「生々しい」カンジに…(汗)。ま、ジェリー君演じるファントムが舞台版に比べて「濃い&暑苦しい」キャラになってたから、ってぇのもあるんですが(苦笑)。
他にも映画ならでは演出があちこちに。有名な冒頭のシャンデリアせり上がりのシークェンスは、映画の特権とも言える特殊効果をふんだんに用いており、その迫力に全身鳥肌が立ちまくり!「ハンニバル」リハのシーンで裏方や練習風景をさり気なく描写しているのも、映画だからこそ出来る技です。舞台版よりも老いたラウル(特殊メイクでラウル役のパトリック・ウィルソン本人が演じてます)のシーンが多く挿入されていますし、ファントムとラウルの一騎討ちも映画ならではの大立ち回りです。

この作品をとことん楽しもうと思うなら、画面がキレイで明るく音響の良い映画館を選択するのが絶対条件です。劇中劇等に於ける計算し尽くされた色使い、夜のシーンや雪の墓所の描写、オペラ座地下のダークで濃密な空間等は、ちゃんとした映画館で観ないとその魅力は半減どころか10分の1も感じられないでしょう。重厚なオーケストレーションを施された数々のナンバーや、役者さんの演技と歌唱もまたしかり、です。
「マスカレード」のシーンはその際たる物ですね。黒と白・金と銀のコントラストを強調した群舞の中、濃紺をメインにした装束のラウルと薄いピンクのドレスのクリスティーナのダンスは一際輝いています。そこへ、ベルベット調の真紅の衣装を身に纏い髑髏の仮面を付けたファントムがぁぁぁッ!!ここのジェリー君@ファントムのカッコ良さたるや一体どう表現したら良いのか、ボキャ貧な自分では全く見当が付きませんです。ゼヒゼヒ良い設備の映画館で堪能して欲しいシーンの一つです。

「アレキサンダー」の試写会は帝京大学の先生の御講議付きでしたが、実際には主催のディスカヴァリー・チャンネルの社長さんのお話もくっ付いて来たと言う…(苦笑)。この人の前置きがエライ長かった上、その後の先生の御講議の内容とも随分カブってて参りましたよ。で、先生の御講議の方はまんま映画のあらすじ&ネタバレ、そしてちょっとばかりその補足って所でしょうか。まぁ、あまり突っ込んだネタで攻めて観客が付いて来られなくなっちゃってもイカンでしょうし、さりとてアレキサンダー大王とあまり関係無いネタを披露するワケにも行きませんから、こればっかりは仕方が無いでしょう。

で、大王様ですが、「金髪コリン@アレキサンダー(アレクサンドロス)」を受け入れられるかどうか、が、意外にポイントかも…。自分はどうにかその壁を乗り越えたのですが、相方はそこがどうしてもダメだった為に、最後の最後迄作品その物をじっくり鑑賞する事が出来なかったそうです。

自分的に若プトレミー(プトレマイオス)を演じたエリオット・コゥワンと、クレィタス(クレィトゥス)を演じたゲィリー・ストレッチが引っ掛かったんですが、帰宅後IMDBで調べたらご両人様ともしっかりUK出身の役者さんだったと言う…(苦笑)。ここ何年かで転んだり目に付いたりする役者さんの殆どが、UK(or英連邦)の人ばっかりってのもどうなんでしょう。
エリオットさんの方はRADA出身だそうで、つまりはショーン・豆様とかイァン・グレンの後輩って事ですな。ゲィリーさんの方は昔はボクサーだった事が判明。どうりで戦闘シーンでやたら目に付いたワケだよ。それと並行してモデル稼業迄なさってたそうで、IMDBに『ボクサーとしてよりモデルとしてより稼いでいた』なる記述が…(苦笑)。
そうそう、「マスター&コマンダー」の水兵さんズの一人で、嵐の中折れたマストと共に海の藻屑と消えたウォーリーを演じたジョセフ・モーガン君(これまたUK出身…)がフィロタス役で出てます。ってか、実の所一番のお目当ては彼だった自分…(←そんなンはお前だけだってば)。

そして、忘れちゃいけないジャレッド・レト@ヘファイスティオン!彼に付いては「アメリカン・サイコ」や「パニック・ルーム」を観た折に、なかなかイケてる役者さんだとは思ったんですが、ココ迄「美しい」役者さんだったとわっ!いやぁ〜、某i*uさん(全然伏せて無いやんけ)がずっぽりハマるのも頷けます!単純に顔の造作としての「美形」ならフランシスコ・ボッシュ@バゴァスになるのかもしれませんが、ジャレッド@ヘファの場合は表情や仕草、特に潤んだ瞳でアレキサンダーを見つめる演技が本当に「奇麗」なんですよー!映画を観る前迄はちょっと違和感を覚えた長髪も、物語が進む内に全く気にならないどころかむしろ、それがヘファとしての魅力を際立たせている事を実感。どのシーンでも絵から抜け出て来たかの様に「美しい」ジャレッド@ヘファですが、戦闘中に負傷後、敷布の上に身を横たえアレキサンダーを見上げるシーンは絶品ですよー!

いや〜、金髪碧眼熊騎士&その兄にスッ転んでなかったら、今頃自分もジャレッドに大ハマリしてマジ大変な事になってたな、うん(←てか普通はそこ同列に並べないってば)。

|

« やっぱり続くナイツ語り | Main | 「アレキサンダー」雑感(モロにネタバレだらけ) »

Comments

へっへっへっ。
ここ数日、大王の感想が書かれるのを心待ちにしておりましたよー(笑)。
ジャレを褒めていただき、ありがとうございます~♪←何様!?
おさかなさんはエリオットかゲイリーあたりに来ると思っておりましたよ(爆!)!!
私もこのふたり、好きで好きでっっ!!(≧▽≦)
週末も興行成績に貢献するため、観にいきます~。
おさかなさんたちのアーサー詣でのようになってしまいそうで…怖いです(笑)。仕事さえなければ毎日観たい! すっかり病気です。( ̄▽ ̄)/
ぜひ今度オフラインでお話したく…。イヤといってもお話したく…(殴打)。

Posted by: izu | Tuesday, 01 February 2005 at 00:34

顔が切れてしまいました…(笑)。
( ̄▽ ̄)/

Posted by: izu | Tuesday, 01 February 2005 at 00:35

どもっ!izuさんのカキコお待ちしておりましたッ!(闇笑)。ジャレさんを語らせたら今や、izuさんの右に出る者は居らっさらないかとッ!

>おさかなさんはエリオットかゲイリーあたりに来ると思っておりましたよ!!
あちゃーー、バレバレでしたね(爆)。エリオット@若プトレミー→ホプ爺@老プトの構図はちょっと苦しかった(ギャングスタのベタ兄→丸混む爺に匹敵する苦しさかと…)ですが、コリン@アレキサンダーに企み顔で近付く辺りは、うるうるお目々のジャレさんと対照的でなかなかのモノでした。ゲイリーさんはやっぱりアクションが目に付いたんで…(苦笑)。

>ぜひ今度オフラインでお話したく…。
こっ、光栄でございますぅ!また何処か美味しいゴハンとお酒のある所で、ゆっっっっっくり「モエ〜〜〜」な会話を交わしましょうッ!この度はカキコミ有難うございましたーーー!

Posted by: 萬太@ダメ管理人 | Wednesday, 02 February 2005 at 21:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/2755568

Listed below are links to weblogs that reference 怪人&大王様(ちょっぴりネタバレ):

« やっぱり続くナイツ語り | Main | 「アレキサンダー」雑感(モロにネタバレだらけ) »