« 今年も宜しくお願い致します。 | Main | “THE EXAMINATION FOR LIEUTENANT”<邦題:ジブラルタルの奇襲>(ネタバレあり) »

Sunday, 02 January 2005

“THE EVEN CHANCE”<邦題:決闘>(ネタバレあり)

ホレイショーハラショー!楽しい楽しいHHの一挙再放送が遂に始まりましたね。いきなり地震情報のテロップ入っちゃってちょっとガックリ…_| ̄|○でしたが、公共放送ですからコレばっかりは仕方がありません。

それにしてもシンプソン先輩鬼畜ですね〜。正に理想の悪役です(闇笑)。ホレイショーを始めとする士官候補生達への可愛がりっぷり(←違うと思うぞ)が最高ですな。クライマックスの膝付き半ベソで命乞いをするシーンなんて、見事なまでのヘタレっぷり!ヤラレっぷりもヘタレの極みでしたし、悪役はこうでなくっちゃ!(←そーゆーお前が一番鬼畜)

ペリュー艦長カコイイですね〜。正に理想のオジサマです(ウットリ)。吹き替えの辻萬長さんの声もステキなんですが、演じるロバート・リンゼイさんご本人の声が更に雄的、もとい、お素敵!是非是非元音声でも聞いてみて下さい。やっぱり役者は『一に声、ニに姿、三に振り』ですな。にしてもペリュー艦長、ちょっとホレイショーを贔屓し過ぎ(爆)なんじゃないか?

マシューズも漢前ですな〜。正に理想の部下ですッ!年齢的にホレイショーのパパさんくらいになる事もあって、影になり日向になりホレイショーをサポートする姿がこれまたお素敵!縞々シャツが良くお似合いです。ベスト・縞々ニスト賞をあげたいくらいかと(いらないって)。

忘れちゃいけない、スタイルズ!「王アーサー」ではアーサーの付人ジョルズを演じた、ショーン・ギルダーさんが演じてます。ジョルズの方が小奇麗で漢前で賢いですけど(爆)。ネット上の動画で流されてるアーサーのメイキング(こちら/要WMP)では、ヨァンとショーンが楽しそうに談笑してる姿とかもあって、HHファンにはタマリマセンです。

そして、ひっそりこっそりクレイトン先輩がお気に入りかもです。ホレイショーの身替わりとなって命を落としてしまうシーンは、涙無しでは語れませんです。

そして何と言ってもアーチー!ある意味一番美味しい所をさらってってますなー(苦笑)。
爽やかな笑顔で根暗(失礼!)なホレイショーを迎えるアーチー(でも周囲は暴風雨)、いきなりガクガクブルブル顔面蒼白のアーチー、クレイトン先輩の事で沈み切ってるホレイショーにいそいそと戦争が始まる事を楽しげに伝えるアーチー(秘かに最凶キャラかも?)、わざと気難しい顏&焦らしプレイでインディファティガブル(インディー)号への栄転を仲間に告げるお茶目なアーチー、部下の怪我の心配をして鬱状態のホレイショーに、血だらけの剣を手にして「見たかっ!オレは敵を二人も殺ったぜ!」と爽やか〜に報告するアーチー(他人の目の前で刃物を振り回すのは止めましょう)、シンプソン先輩再登場でビビリ王決定のアーチー、突撃作戦中に発作を起こしてホレイショーに気絶させられるアーチー、そのまま強制退場のアーチー…(涙)。

でもって、こっそりネタバレ→。第三話でホレイショーはアーチーとの劇的再会を果たしますので、楽しみにしてておくんなまし
とにかく新春早々楽し過ぎです。こんなのが後五日間も続くんですからね。頑張って夜更かししないとっ!(おいおい)

さてさて、本日はトリちゃんことトリスタン@「王アーサー」に想いを馳せる為に(お正月は『初心に還って云々〜』とか言ってたのはドコのダレだ?)、浜離宮恩賜公園で毎年開催されている諏訪流放鷹術(ほうようじゅつ)鷹師の皆様による放鷹術(いわゆる鷹狩り)実演を見学して参りました。このイヴェントに足を運ぶのも、かれこれ4・5回目くらいになりますね〜。
今年は念願の「ハヤブサ急降下」を拝もうと、ウキウキしながら出掛けました。一通りの演目が終わった後に、いよいよハヤブサちゃんが登場。浜離宮のお隣にそびえ立つ高さ210mの電通ビルの屋上より、遂にハヤブサちゃんが放たれましたっ!駄菓子菓子ッ!(←古)、数十メートル程舞い降りた所までは目視出来たのですが、「(ハヤブサちゃんが)小さい・速い・(自分の)目が悪い」と三拍子揃った所で、あっと言う間に見失っちゃうと言う体たらく。ふと気が付いたら鈴の音が背後より聞こえた途端、もうハヤブサちゃんは会場のど真ん中に見事着地!デジカメの動画を撮影しようと構えていた自分だったんですが、そんな野望はあっさりと打ち砕かれてしまいました(爆)。鳥類最速(最高時速300km)の称号はダテじゃありませんです、ハイ。

こちらは「王アーサー」でも登場した鷹と同じ種類の「ハリス・ホーク」ちゃん。中南米の平原地帯がご出身です。一般的に鷹は非常に神経質でなかなか人に慣れないそうなんですが、ハリスちゃんは他の鷹とは違い大変に人懐こい上、とても頭が良いんだそうです。御主人様の鷹師だけで無くパンピーに対しても文字通り鷹揚(笑)でして、背中を撫でられても大人しくしているハリスちゃんでした。

|

« 今年も宜しくお願い致します。 | Main | “THE EXAMINATION FOR LIEUTENANT”<邦題:ジブラルタルの奇襲>(ネタバレあり) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/2457144

Listed below are links to weblogs that reference “THE EVEN CHANCE”<邦題:決闘>(ネタバレあり):

« 今年も宜しくお願い致します。 | Main | “THE EXAMINATION FOR LIEUTENANT”<邦題:ジブラルタルの奇襲>(ネタバレあり) »