« 旅の最後を迎える日 | Main | オスカーの行方 »

Saturday, 26 February 2005

そして旅は終りを迎える

流石に腰に来たぞーー(爆)。

って事で、自分の年齢を考えもせずに「指輪三部作SEE上映12時間マラソン」に参加して参りました。前日からの水断ちのお蔭で上映中トイレへ行かずに済みましたが、最後の方はちょっと脱水症状を起こしかけたと言う…(←ダメダメ過ぎ)。

何と言うか、とにかく達成感がありましたねー。何度観ても、と言うより、殆どパブロフの犬状態でチキン肌になるシーンの連続!そして、回を重ねる毎にツッコミ所もどんどん増えるって事で…(苦笑)。全部語るとエライ事になるので、「王の帰還」だけちょこっとだけ(←ちょこっとで済むのか?)。

1:リー様@サルマン様とブラッドさん@グリマの最期のシーン、アレで終りですかー!ちょぉっと寂しいなぁ…。
2:エルフは酒の飲み比べでも最強(最凶?)らしいです。
3:エオウィンてば何でそんなトコロで寝てるんですか(笑)?
4:十字路での石像はPJ映画ならではの傷め付けられっぷり(黒笑)。
5:ガン爺ってば咳き込むくらいならパイプ草吸うの止めりゃイイのに…(苦笑)。
6:狼煙のシーンは何度観ても号泣。そしてその後の王様(未満)のよろめき三段跳びは何度観ても大爆笑(←鬼畜)。
7:メリーさんの宣誓シーンがぁぁぁぁぁぁ(号泣)!そして馬が進んでくれません(大爆笑)。
8:ボロ兄背後霊シーン、ショーン・豆のあの笑顔は反則技だと思いまちた(号泣)。あと、ファラ弟のうるうるお目々も…。
9:ピピンに支給されたゴンドールの装束をファラミーが見て「父上が作って下さった」と言う字幕に思わず、デネ・パパがちくちくと夜なべをしてお裁縫をする姿が浮かんでしまって大爆笑(←酷)。
10:死者の道の無数の頭蓋骨雪崩シーンに、PJとWETAの皆様の執念を感じました…。
11:PJってば、そんなに「死ぬ演技」をしたかったんですか(苦笑)。
12:メリーさんとエオウィン、兜を脱いで会話してたらセオ爺に直ぐ見つかっちゃうorその辺の兵士に報告されちゃうと思うんですが…。
13:「白の木」に花が!
14:アングマールの魔王様がガン爺の杖を吹っ飛ばすシーンが追加されてるけど、後のシーンではちゃんと杖が復活してます(笑)。
15:エオウィンとメリーさんのバトルシーンがっ!
16:エオメルの絶叫シーンがっ!
17:王様の癒しの手がっ!
18:王様vsパランティアがっ!
19:大将ってば、やっぱり目が泳いでました…(闇笑)。
20:遂にサムがフライパンとお別れ…(号泣)。
21:「サウロンの口」がぁぁぁぁぁぁぁ!
22:エンド・クレジットにリー様とブラッドさんのお姿がぁぁぁぁぁ(号泣)!

また叫び過ぎてますよ、コイツは…。

最初に「旅の仲間」を観てからの4年間、悲喜こもごも含めて本当に色々ありました。「悲」の方は、ブロードバンド移行前に「指輪」情報欲しさに海外サイト巡りまくって接続料が毎月1〜2万円を超えたり、とか、DVDやら洋雑誌やらとにかく「指輪」関連のブツを片っ端から買いまくって毎月カード請求に怯えたり、とか、殆どが銭絡みですねー(苦笑)。
「喜」の方はオフでの映画仲間が一気に増えたって事で、より多くの情報や経験を得る事が出来たって事でしょうか。今回の12時間マラソンも、そんなお仲間の皆様方と一緒でした。色んな立ち場の色んな考えをお持ちの方達と語らう機会が増えた事で、映画人生をより楽しくより深くよりモエモエで過ごす事が出来る様になりました。そんな方達が自分にとっての「旅の仲間」なんだと思います。本当に有り難い事です。

「指輪三部作」は終わりましたが、映画人生は未だ未だ続きます。何しろ夏にはジョエルとナッシュ兄ちゃん共演の、あのオタク映画最終章(になる筈、今のトコロ…)が来ますからね!つまり、未だ未だ極貧生活からは抜けられそうにも無いって事ですな…(遠い目)。

|

« 旅の最後を迎える日 | Main | オスカーの行方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/3111025

Listed below are links to weblogs that reference そして旅は終りを迎える:

« 旅の最後を迎える日 | Main | オスカーの行方 »