« 国宝探究(ちょいネタバレ) | Main | 二度ある事は三度ある… »

Friday, 29 April 2005

ローマは一日にしてならず(ネタバレもしてます)

等と大仰な事言ってますが、単なる感想文です(苦笑)。一応“The Night We Call It A Day”を見始めましたが、一つ大きな誤算がッ!Subtitledとなっていたのですが、付いてた字幕はスペイン語だけでした(爆)。結局字幕無しで観る羽目になってます(汗)。とは言え、思っていたよりもジョエルの台詞がマンブルしていなかったので、100%とは勿論申しませんが、50%位は何とか聞き取れる様な気がします。「王アーサー」のメイキングで“round table”しか分からなかった事を考えると、雲泥の差だな〜〜。

ストーリーは以下の通り。時は1974年、場所はオーストラリアはシドニー。ジョエル演じるロッド・ブルーは口先三寸で世渡りをしてる三流音楽プロモーター。普段は白髪三千丈宜しく大口を叩いてますが、やる事為す事皆エー加減。そんな彼がアメリカの大スター、フランク・シナトラのオーストラリア・ツアーで一発逆転を狙おうと画策するのですが、勿論そう上手くコトが運ぶはずも無く…。

シナトラを演じるのはデニス・ホッパー(笑)。色々無理アリ過ぎ、とかツッコンではいけません。本人は物凄く楽しそーにシナトラしてます。
そのシナトラの彼女役にメラニー・グリフィス。流石に年令は隠せませんが、めちゃくちゃ可愛いです。
ロッドの秘書オードリー役にローズ・バーン。「トロイ」のプリセウスちゃんですね。ジョエルとは兄ちゃんの作ったショート・フィルム“The Pitch”に続いて、ニ度目の共演になります。
勝ち気な芸能リポーター、ヒラリー役にポーシャ・デ・ロッシ。日本では「アリー・myラブ」のネル役でご存知の方もいらっさるかと思われます。冒頭から何故かジョエルといちゃいちゃしてます。

とまぁこんなメンツの中で、一応ジョエルが主役を張ってるらしいです(一応って…)。正直兄ちゃんの方がハンサムだし、演技は地味だし(海外の批評でもそう言う意見が多く、これまた一言も言い返せなかったりして…)、オージーでも有名なんだかそうでもないんだか微妙なトコロだし(苦笑)。不思議です(でも嬉しいらしい)。

でもってこの作品の中では何故か良くモテる上に、またしても「脱ぎ担」です(苦笑)。しかもおぱんつ一丁女モノ。いわゆる『パンティー』ってヤツですね)だったりします(爆)。何でそーなるかはまぁ、見てのお楽しみってコトで(てかこんなん見たいって人間、自分以外に一体何人存在するんだろう…)。

とりあえずジョエル@ロッドがブン殴られたり凹んだり遠い目になったりしてて、むっちゃくちゃ可愛いです(←鬼畜)。それだけでゴハン100杯はイケる気がします。時間と体力とヒアリング能力(汗)の関係で未だ半分ってトコロでなんですが、それでもジョエル・ファンなら何回でも楽しめるかと(だから、そんなん自分以外…)。残りは何とか連休中にクリアしたいなぁ…。

|

« 国宝探究(ちょいネタバレ) | Main | 二度ある事は三度ある… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/3977648

Listed below are links to weblogs that reference ローマは一日にしてならず(ネタバレもしてます):

« 国宝探究(ちょいネタバレ) | Main | 二度ある事は三度ある… »