« 天国と地獄からコンニチハ | Main | 3au$=約250円(4/11現在) »

Sunday, 10 April 2005

肝が一瞬冷えた日

ナッシュ兄ちゃんが事故に遇いました(こちら)。ファイヤー・スタント中の事故だった様です。お兄ちゃんは幸いにも軽症で済んだ様ですが、一緒に居た他のスタントさんは重症(但し命に別状は無いそう)だったらしいです。ファイアー・スタントっつーのはこんなカンジのスタントの事ですが、この画像でも実際にお兄ちゃんがスタントを行なっています。ヘボヘボですが、ざっと翻訳を。

<TVスタントマンセットで炎上>

先週、チャンネル7で放送中の医療ドラマ「オールセインツ」撮影中に、スタントマンが火傷による重症を負った。ギャヴィン・ワィルドはファイアー・スタント中に、第三度の重度の火傷を顔面や首及び両手に負った。

凍り付いたスタッフやキャストの目前で、同じシーンを担当していたスタント仲間のナッシュ・エジャートンが、彼の両手や両腕を焼かれながらも消火活動を行なった。
この事故は火曜日の午後、セヴンズ・エッピング・スタジオの近くでの撮影中に起こり、両人とも事故直後にロイヤル・ノース・ショア病院へ搬送されている。
放送局は事故に付いての詳細な調査に乗り出し、動揺の残る製作チームにカウンセリングを提供する事になった。

放送局代表の女性は今回の事故に付いて、あくまでも厳重な管理の元で安全確認がされたにも関わらず起こった事を確認した。
『ガールフレンドに振られた挙げ句精神的に追い詰められた男が、自分で自分に火を付けようとする』と言うシーンを三人のスタントマンが担当していた。
「スタントマン達はそのシーンの為に、入念な準備とリハーサルを行ない、全ての手順での安全確認がされていました。」「実際に火を用いたスタント中に、スタントマンの様子がおかしい事に気付き、他のスタントマン達が消火活動を行ないました。」

俳優ジョエル・エジャートンの兄で、映画製作者兼俳優及びスタントマンのエジャートンは、同僚が全身火ダルマになる前に迅速な行動をした事で、ヒーローとして迎えられた。

救護チームは救急車の到着前にワィルドに応急処置を施し、その後彼は病院へ搬送された。エジャートンは二台目の救急車で搬送され、比較的短時間の治療後病院を後にした。
局の代表は「ワィルドは数日の入院治療で、回復に向かうと思われます」と語った。「担当医はワィルドの顔に傷跡は残らないであろうと言っていて、それが少し救いになりました」

ワィルドはこの世界で数年間活躍しており、特に安全面への意識が高いとの評判だ。「彼は安全の手順に精通していました。上手く事が運ばなかった事に付いてショックを受けています。」と代表は語った。「様々な安全確認が為されたにも関わらず不幸にも事故が起きてしまったのです」

スタントマン達は厳しいテストを受け、映画やTV業界の決めた安全規定の元に活動している。放送局は今も尚、事故の調査結果が出るのを待っている。

「顔から血の気が引く」と言う表現がありますが、このニュースを最初に見付けた時の自分は正にその状態だったかと。読み進む内に二人とも命に別状は無い事が分かって少しホッとしましたが、その後の経過とかが心配でなりません。
治療そのものに付いては、製作者サイドから保険やらナンやらで手厚く面倒を看て貰えますが、精神的ストレスは矢張り相当な物かと。プロとして綿密に準備を施し裏方に徹して活動する彼等に取っては、怪我は最初から覚悟の上です。それよりもこのニュースの文面にもありますが、事故が起きてしまったその事自体が一番ショックなのです。

事故の原因が早く突き止められて、二人は勿論の事、不幸にして事故に関わってしまったた人達が、一日も早く肉体的精神的苦痛から解放される事を、切に願ってやみませんです。

|

« 天国と地獄からコンニチハ | Main | 3au$=約250円(4/11現在) »

Comments

命に別状が無くて何よりです。
仕事柄、危険と隣り合わせとは分かっていても、ニュースを聞いた瞬間は、生きた心地がしませんね。
肉体の傷が癒えても、精神的な後遺症は残るかもしれませんね……。
何はともあれ早く治ります様に!

Posted by: くま | Monday, 11 April 2005 at 21:24

くまさん、どもども。

>命に別状が…
いや、ホント。自分好きなミュージシャンに死なれまくッてるンで、結構シャレにならないンですよ。他人様からしたらそんな事で、って思われるかも知れませんが、自分的には真剣です(汗)。
「xXx」の撮影ではそれ程難易度も高くなく、何でもないスタントで、ベテランのスタントマンさんがお一人亡くなられたりしてるので、思わぬ所に落とし穴があったりする世界なのだと実感させられました。

くまさんの優しさがびしびし伝わって来る温かいカキコ、ホントーに有難うございました(感涙)!!

Posted by: 萬太@ダメ管理人 | Monday, 11 April 2005 at 22:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/3651767

Listed below are links to weblogs that reference 肝が一瞬冷えた日:

« 天国と地獄からコンニチハ | Main | 3au$=約250円(4/11現在) »