« 色々調べたら… | Main | オヤジーズ@オマケDVD »

Saturday, 14 May 2005

麗しのオヤジーズ映画(ネタバレ炸裂)

朝イチでオーランドDVDゲットして参りました(笑)。あと、フォト・カードなんてのも付いて来ましたな。

てことで、「キングダム・オヴ・へヴン」です。気が付いたら一日の間に二回も鑑賞…(爆)。素敵オヤジーズの魅力には逆らえなかった自分でございます(苦笑)。こんなにすんばらすぃ〜オヤジーズに囲まれて主役を張れたなんて、三国一のシアワセモノですよ、オーランドは。

マィケル・シーン@司祭、フードをかぶっていてもデコでした(笑)。目出度く串刺し&炎上で御退場…(苦笑)。
ディヴィッド・シューリス@何故か癒し系。多分一番『イイヒト』な役の筈なのにも関わらず、常に腹にイチモツ抱えてそうな表情がタマランです(爆)。画面に登場する度、頭が斜め30度に傾いてます(笑)。でもって最後でも「首」が斜め30度…(涙)
リァム・ニーソン殿@実はおとーちゃんは、やっぱり「剣のお師匠様」でした(笑)。衰弱してデヴィシューさんに頭を預けるシーンにはなぢ&退場早過ぎ(涙)です。
ヨウコ・アホラさん@隠れお師匠てば、身長はリァム殿よりちょっと低めなのに、身幅が3倍くらいあって小山の様でした。そして「あっと言う間劇場」(涙)…
ブレンダン・グリーソン@ルノー・ド・シャティヨン、「トロイ」の時とは比較にならないくらいのサイテー野郎を見事に演じてらっしゃいました。こう言う役をちゃんとこなせる人が居っしゃらないと、作品が締まりませんです。
愛しのイァン・グレン、分かっちゃいたけどホントにチョイ役でした…(涙)。いいんです、例え台詞二言しかなくっても、リチャード・大迷惑・獅子心王だったとしても、大画面で久々に顔を拝めたから(自虐的)。

オヤジーズでは無いですが、ベタちゃんの親友役@「ウィンブルドン」のめちゃんこハンサムさん、ニコライ・コスター・ワルダゥ君が居ました。「ベント」でクラィヴと共演したりもしてます。やっぱり「あっと言う間劇場」(涙)でしたが…

さぁ〜、長くなるぞぉ〜〜(苦笑)。

鉄様ことジェレミー・アィアンズ@タィベリァス。ブルーのお衣装をお召しになられたお姿が麗しいの何の!その所作の一つ一つが全て「絵」になって御出でです。お声がまたすんばらすぃ〜〜!リァム殿とはまた違った説得力がありますなぁ。言い争う騎士団を一喝したシーンなんて鳥肌立ちました、マジで。結局一度も剣を手にしなかった事と、リァム殿と並ぶシーンが無かったのがちょっぴり残念

ケレ様ことマートンさん@ギー・ドゥ・リュジニャンを愛でる(黒笑)なら、今の所この作品が最適かと!こーゆー役柄、5年前だったら間違い無くヴィゴが演じてたろーなー。アクの強い役をヴィゴが選び難くなっちゃった今現在、そーゆー役をノリノリでこなせるのはマートンさんしか居ない!と確信しました。何てッたってオーランド以上の「脱ぎ担」でしたし(だいぶ『プヨ』だったけど…)
その上台詞回しがめっちゃ笑えるの何のって!「ぎぃーーゔみぃーざうぉーー…。“Give me the war”」「すぴぃぃぃぃっっっっっくっ!“Speak!”」「ーーいあ〜むっ!…………ざ・きんぐ。“I am The King”」辺りが秘かにマイ・ブーム状態(←馬鹿)。
オーランド@鍛冶屋に向かって「どこかで会ったか?」と尋ねるシーンで思わず「ミドル・アースで!」とツッコミ入るのは、指輪ファンのお約束でございます。

イスラーム側の皆様が揃いも揃ってナイスなヒゲーズだらけ!特にサラディーン役のハッサン・マスード氏は、久々大ヒットの美爺でいらっしゃいました。戦場での甲冑姿の威厳に満ちたお姿は勿論の事、濃紺のお衣装を身にまとわれたお姿の余りの柳腰っぷりにくらくら来てしまいます。
オーランド@元鍛冶屋と関わるナシールを演じたアレクサンダー・シディグさん、どこぞで見たなーと思てったら、スタートレック・DS9のDr.ジュリアン・ベシアでした。映画では「サラマンダー(原題:Reign of Fire)」に御出演。御母堂の兄弟はあのマルコム・マックドゥエルだそーです(ひーー!)。

気の早い話ですが、今年の助演男優賞はエドワード・ノートン先生推奨!で如何かと。ノートン先生の演技見たさに一日二回も足を運んだと言っても過言ではありません!正直出番は多くありませんし、結局『エドワード・ノートン』としての素顔は一度も拝めませんが、声や仕草、僅かに垣間見える眼の表情だけで全てを語り尽くしていらっしゃいますシビラ女王とのやり取りは冷血動物の自分ですら、思わずウルウル来てしまう名演でございました。

たまにはちゃんと主役にも言及しないと(笑)。こんだけの名優に囲まれたオーランド、もンのすごぉ〜〜ッくヴィゴの演技を意識してる様に見えたのはファンの欲目ですか?(苦笑)アクションから台詞回し、演説に至る迄「アラゴーン→エレッサール王」に見えたのはやっぱり贔屓目?
それはさておき、役柄が彼自身とシンクロしまくり。市井の鍛冶屋の身分から突然騎士の後継者に選ばれ、周囲の人々に支えられ、父から受け継いだ信念を貫いて行くバリァン。演劇学校を出たての俳優志望の若者が、突然全世界からアィドルとして注目され、実力派の共演者から様々な事を学んで来たオーランド。そういう意味ではとてもハマり役だったと思います。

物語の最後にバリァンは自分自身の道を見い出しますが、オーランドの道はどこに通じて行くのでしょうか。この映画で一皮剥けた感のある彼ですが、更なる精進を重ねて偉大な先輩達と共に過ごしている日々を無駄にしないで欲しい物です

欲を言えば、オヤジーズの出番をもっと増やして頂きたく…。特におとーちゃんとの再会からエルサレムに行く迄の辺りが、素人目にも明らかな位に端折り過ぎ。リァム殿をもっと出せーー!ついでに他のオヤジーズもーー!って事で、ディレ・カット版に期待大!です。噂によると、1時間〜1時間40分くらいまで増量するとかしないとか…。

そうそう、字幕が指輪一作目並にすさまじい事になっております。今回はフィルム自体の完成が遅れる、等、一概に某Tさんのせいだけでも無い様ですが、出来れば字幕に頼らずヒヤリングで物語を追いかけた方が宜しいかと…。そうでなければ吹き替え版推奨でございます。なんてったって、ギーの吹き替えが大塚ゴルンですんでっ(爆)!

|

« 色々調べたら… | Main | オヤジーズ@オマケDVD »

Comments

想像以上におやじー’ず萌え映画でしたぁ!!!!!!
ノートン先生にはやられましたぁ!!!!
ジェレミーの衣装はなんなんですかぁ??!!反則です!!!
マートン様も相変わらずうさんくさく・・・・(誉め言葉のつもり・・・・)
ルーピン先生(大間違い)も要所でしめてくださって!!!!
そんでもってイスラム陣営はなんですかぁ???!!!!ここまですごいとは思わなかった!!!!!!
え?オーランド??すみません・・・・・私的には・・・・・・・いえ悪くはないんだけど・・・・
てか、私もだけど・・・女優さんに触れてないのが(以下自粛・・・・)

Posted by: ジョニさん | Sunday, 15 May 2005 at 22:18

続けてすみません。
オヤジ専科(?)の管理人様(暴言?)に質問です。
タイムラインのオリバー卿役のマイケル・シーンも出演してるって、ほんとですかぁ??
うーーーー見つけられなかった・・・・・

Posted by: ジョニさん | Monday, 16 May 2005 at 07:31

毎度ッ!ようこそー、ですです、ジョニさん!

>ノートン先生…
ジョニさんもヤラレましたかッ!自分も未だにノートン先生の演技が、頭の中でリピート状態です(苦笑)。

>ジェレミーの衣装…
イヒッ!只今『マ*ト萌え』のジョニさんには、禁断のお衣装かと…(闇笑)。踵を返す度にまるで*ントのごとくひらひら〜、ですからねー。

>マートンさんも…
うさん臭さ大爆発でしたねーー!(←勿論褒め言葉)一挙手一投足のいちいち大袈裟な所が、めっちゃ可愛くッてタマランです(←ニホンゴの使い方違うッて…)。

>ルーピン先生…
ある意味一番オイシイ所をカッさらって行った様な気がします(笑)。

>イスラム陣営…
揃いも揃ってヤヴァ過ぎでしたッ!サラディーンなんて画面に登場するだけで空気の色が変わりますッ!

>オーランド…
まぁ、ハマリ役だとは思いますよ(苦笑)。何しろ周りが凄過ぎなんだと言う事で勘弁してあげて下さいまし…。

>女優さん…
日本語字幕の被害を一番被っていたのはシビラさんだった気がします…。

エヴァ・グリーン嬢、演技そのものは良かったのですが、今回の役柄自体どうにも取って付けた様な印象が拭えませんでした。正直、鍛冶屋とのチョメチョメが無くても物語としては成立しちゃいますからね〜。
それでも自分的には、某「卜□井」の女性陣よりは、キャラとして立ってたと思います。

>オリバー卿のマィケル・シーン…
鍛冶屋@フランスの死んだ奥さんの埋葬シーンに登場する、デコっぱち司祭がマィケルさんですー。ほら、ゴッドフリーに鍛冶屋を紹介したり、鍛冶屋に暴言吐いたりしてたヤな奴ですよん。
彼に付いても語り始めたら長いですよ〜(爆)。とりあえずオススメの一品(笑)は、ルシァン@アンダーワールドでしょーか。デコでもロン毛なルシは、登場人物中一番可憐(え゛?)でございました(闇笑)。

ソッコー&アツいカキコをどーも有難うございましたーー!

Posted by: 萬太@ダメ管理人 | Monday, 16 May 2005 at 23:22

え??あのイヤなヤツでつか?
うくぅ・・・そうなんだ・・・

おやじ愛でにまた行かなくっちゃいけないから、確認いたしやす。
ありがとうございました。

マ*トねーーーー。マートン様の白のも、しゅてきだったよねーーー。
それよりノートン王だわさ!!!!
そしてジェレミー様は言うまでもなく・・・・

おやじー’ず目当てで通うヒトって、どんくらいいるのだろうかぁ・・・・
会社のブログにも「おやじー’ず萌え」で書いてしまった・・・・・
やばいかもしれん・・・・・

Posted by: ジョニさん | Tuesday, 17 May 2005 at 15:55

ようこそ、ジョニさん、オヤジーズ萌えの世界へ(黒笑)。

>あのイヤなヤツでつか?
はい、鍛冶屋の元嫁にめっちゃサイテーな仕打ちをしたヤツでおます(笑)。

あくまでもウワサなんですが、裏設定として「鍛冶屋の腹違いの兄説」があるらしく…。真相はディレカット版が出る迄お預けですなぁ〜。

>マートン様の白のも…
いやーー、ふかふかのぷくぷく(笑)状態で、どこのシロクマかと(←ヒド!)。

>おやじー’ず目当てで通うヒト…
なんかねー、あのダメダメCM(『オー*!がんがって!』)のせいで単なる「アイドル映画」と思われてしまい、マトモな映画ファンが引いちゃってるらしいんですよ。そーゆー人達にこそ観てもらいたい作品だと思うのですが…。
毎度思いますけど日本の配給会社ってどーしてこー、売り方を勘違いしちゃってるんでしょーかね〜…。

自分は周囲のヒト達に、「あのCMは忘れて下さい!アイドル映画じゃありません!実力派役者さん達(=オヤジーズ)の重厚な演技を堪能出来る、真面目&骨太な映画なンです!」と訴えております(苦笑)。そーやって何とか口コミでお客さんを増やして行くしかナイですね…。

オヤジーズ愛に満ちたカキコ、有難うございましたーー!

Posted by: 萬太@ダメ管理人 | Wednesday, 18 May 2005 at 20:54

仕事が一段落着いて、映画を観てきました!
やっとネタバレ読めました!!

マジで表題の通り、「麗しい」オヤジーズ満載映画ですね♪
主役はお花ちゃんなんだけれど、アウト・オブ・眼中!(殴打)
確か、「仮面の男」もプリオじゃなくて、ガブリエル様に夢中だった……(苦笑)

しかし、「いいなぁ~~」と思ったオヤジが次々と……(T-T)
救いなのは、鉄様が……。
あの傷跡もカッコいい!
その傷はどうやって出来たのか、是非とも知りたいぜ!!

お花ちゃんの演技は、激しく同意!
意識し捲くりだよね~~。
そのせいか、無難な演技に見えちゃって……。

オヤジーズ観たさに、DVDが出たら買いそうな勢いだけれど、B’○様のせいで、破産一歩手前(爆)


Posted by: くま | Monday, 30 May 2005 at 03:00

くまさん、ようこそっ!返信遅くなって申し訳なくー!

>「麗しい」オヤジーズ満載
でしょでしょっ!よくもココ迄麗しく勢揃い為さってるモンだと!監督グッジョブですよっ!

>「仮面の男」も…
激しく同意でございますっ!自分もガブ様と鉄様、丸子ビッチ御大ばかり観ておりましたよ(苦笑)。プリオ君は…(ごにょごにょごにょごにょ)。「バスケットボール日記」とか「太陽と月に…」の頃の彼はとても好きだったんですけどねぇ…(遠い目)。

>B’○様のせいで、破産一歩手前…
β’z様もお金かかりますよねぇ…。高額納税者部門に名前が載る位なんだから、もそっとファンに優しい金額設定をして下されば良いのに、と思ったりもして。でもそれだと「高額納税」なんて出来なくなってしまうかも?(爆)

オヤジーズ応援カキコ、有難うございましたーーー!

Posted by: 萬太@ダメ管理人 | Friday, 03 June 2005 at 03:15

FLixムービーサイト 原色色男図鑑・・・

やっぱり、おやじ’ズ 萌えは、みな同じなんだねぇ・・・
私的映画宣言 前田かおりさんも、おやじー好きーー相変わらずだし・・・

http://www.flix.co.jp/v2/article/A0000821/A0000821.shtml

Posted by: ジョニさん | Saturday, 11 June 2005 at 11:04

ジョニさん、自分もチェックしてましたよ、そこ(笑)。

これ描いてる田*さん、時々色々間違えててアワアワしちゃうんですよねー。PJとM・ムーアを完全に混同してたし…(汗)。編集サイドはちゃんと目を通してるんでしょうか?疑問です。

今回もノートン先生が「キングダム〜」に出てる事知らなかったにも関わらず、ファンだと言い切っちゃう辺りが…(苦笑)。自分が同じ立ち場だったら、そんな事口が裂けても言えないです(汗)。大体消去法でキャラ・チェックすれば直ぐに思い当たるぢゃん!、と鬼畜なツッコミ入っちゃうのは自分だけ?(爆)

バリアンの行動原理だって、ヤツの「顔」ばっか見とらんでキチンと作品その物を観てれば、ちゃんと納得出来る様に出来てる筈なんですが、そこはまぁ、字幕的に「ちょ、ちょいと待てや(汗)」って箇所が沢山あるので、それが原因で勘違いさせられちゃってるンだと思いたいです。

返信遅くなって失礼致しました&カキコ有難うございました!

Posted by: 萬太@ダメ管理人 | Thursday, 16 June 2005 at 05:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/4131548

Listed below are links to weblogs that reference 麗しのオヤジーズ映画(ネタバレ炸裂):

« 色々調べたら… | Main | オヤジーズ@オマケDVD »