« エロ医者見参(ネタバレ&色々エロエロ容赦無し) | Main | エピ3@モナコ »

Sunday, 22 May 2005

王様がいっぱい。

昨夜は半徹してしまったダメ管理人です。だってだって、カンヌ映画祭の授賞式だったからさー!某映画+で生中継してたからさー!その前には“A History of Violence”のプレス・カンファレンスの放送もあって、ヴィゴが出てたからさー!ドンタコスなマイ・キングだったのさー!相変わらずマイ・キングはウニャ語で喋ってたのさー!でもでもッ、授賞式には出てなくってチョト残念だったのさー…。

プレス・カンファレンスと授賞式の間には“Sin City”の特番が放送され、「王アーサー」ことクラィヴも喋ってくれてました。昨日エロ医者モードだった彼を観たばっかりだったので、黒い笑いが止まりませんでしたよ(←鬼畜)。

アカデミーと違ってさくさく進むのがカンヌの授賞式。あれよあれよと言う間にどんどん賞が発表されました。今回は一作品に賞が集中しない様に、一つ賞を取った作品はなるべく他の賞の対象から外す方針が取られたそうです。
男優賞プレゼンター入場時のBGM、何処かで聞いた曲が流れてるやンか…って、指輪のサントラですよ、奥さん!まっ、まさか、ヴィゴが授賞かッ!?……、と一瞬期待しちゃいましたが、トミー・リー・ジョーンズ爺にアッサリ持っていかれました(苦笑)。いやぁ〜、カンヌにまんまとハメられましたな(←馬鹿)。トミー爺も好きだから、それはそれで嬉しかったですけどね。

結局“A History of Violence”は賞を逃してしまいました。正直今回の審査員の面々を考えると、授賞は多分無理だと覚悟していましたが(だって審査員長クストリッツァだし)、イザとなるとやっぱり寂しいモノです。

午後は某T島園まで足を伸ばして、「キングダム・オヴ・ヘヴン」の吹き替え版を観に、と言うか、聴きに言って参りました。事前に小耳に挟んで居ましたが、はなぢが出そうな面々が勢揃いで大変な事に!(←お前だけがな)

ギー・ドゥ・リュジニャン(マートンさん)→大塚芳忠さん(元アラゴルン)
ボードワン4世→家中宏さん(元ケレボルン様)
リチャート獅子心王→菅生隆之さん(元デコロ…じゃない、エルロンド様)

って、指輪声優さんばっかりですよーー!しかも王様役だらけだーー!
一番凄いのはやっぱりアレだな、ケレ様の顔からゴルンの声が出て来た事だな(百万倍凶悪だったけど)。指輪では(顔と青ジョリは濃いのに)一番影が薄かったケレ様を演じた家中さんが、存在感溢れるボードワン4世だったのも笑えたし〜。
これでオーランド@鍛冶屋の吹き替えが、緑葉王子や鍛冶屋@海賊の平川大輔さんだったらマジ偉い事になってたんですが、今回は内田夕夜さんが担当。平川さんよりも少しだけ若いカンジで、どっちかっつーとフロドの吹き替えを為さった浪川さん系のトーンで演じて御出ででした。

少しは真面目に語らないと(苦笑)。
字幕版で物語に不自然さを感じたお客さんも結構多かった様ですが、吹き替えをご覧になればずっと理解し易くなるかと思います。特にイスラム側の主要三人の力関係は、吹き替え版の方がずっと分かり易くなっていますな。それと、鍛冶屋と姫さんとの葛藤や、ギーとゴッドフリー卿のやり取り、ルノー・ドゥ・シャティヨンの役回り等が、ハッキリしています。上映館が本当に少ないのが難点ですが、お時間と体力とお財布に余裕がある様でしたら、是非是非吹き替え版でのご鑑賞をオススメ致します。

|

« エロ医者見参(ネタバレ&色々エロエロ容赦無し) | Main | エピ3@モナコ »

Comments

うーーー吹替え版観たいよーーー。田舎はこういうときに、つらいもんがあるなぁ・・・・
ま、田舎で良かったっうこともあるけどね(吊るしのポスター貰えたりね・・・)

たしか前にもメールかお話したことあったような記憶があるのですが・・・
若い頃、家中さんと、飲み歩いてたころがありましたよ。あのころから良い声だったなーーー。あと蛇の舌の声の金尾さんとは最近LOTRの話しました。
しっかし、すごいメンツですなぁ・・・
あーーーん、おやじー’ズもう数回、観にいきたいでつーーー

Posted by: ジョニさん | Wednesday, 25 May 2005 at 23:19

いやっほうい!ジョニさん、まいどーー!

>家中さんと…金尾さん…
ひいーーーーー!美声コンビ!(勝手にコンビ組ますなって)
ホント、ウラヤマシイですーー!

>吊るしの…
へへー、その節はお世話になりましたーー(平身低頭)。

吹き替え版もツッコミ所が無いとは言いませんが(苦笑)、いい加減な字幕のせいでストーリーがしっちゃかめっちゃかになっちゃって、良くワカラナイでそのまんまになっちゃう事を思うと、一度は観て(聴いて)おいて損は無いと思います。
やっぱりねー、キャラクターの口調とかがちゃんと身分とか立ち場とかを表現してるって言うのは、ストーリーを理解する上でとっても重要だと思うワケでー(特にイスラム側)。

オヤジーズに悶える(笑)カキコ、どうも有難うございましたー。

Posted by: 萬太@ダメ管理人 | Saturday, 28 May 2005 at 11:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/4250995

Listed below are links to weblogs that reference 王様がいっぱい。:

« エロ医者見参(ネタバレ&色々エロエロ容赦無し) | Main | エピ3@モナコ »