« 「ヒゲーズ・オヴ・ヘヴン」@プレミア館 | Main | 「ス*リーン」ゲットだぜ! »

Wednesday, 29 June 2005

とりあえず打止め

本日はタィベリアス様宜しく敵前逃亡(←ヒド)=早めに仕事を切り上げて、最終回の「キングダム〜」を観て参りました。某U宙戦争の全世界変則公開のあおりを受けて、本日で殆どのハコから撤退させられちゃうからです。
結局目標の二桁鑑賞には至らず、8回だけで終わってしまいました。クヤシいなぁ〜…。やっぱりアレだな、上映期間後半になって夕方の回が軒並み無くなっちゃった事が、最大の敗因だったよなー。それさえなければ、後3回は足を運べたんですが…(充分運んでるってばさ)。

都内で一番遅い時間に始まるとあって、どう見てもリピーターなお客さんが多かったです。心無しか、今迄で一番「おぢさん率」が高かった様な気が…。エンドロールになっても殆ど立つお客さんはいませんでしたし、何となーく一体感を感じられた最終回でした。

駄菓子菓子!一昨日にプレミアム館での鮮明な画像を堪能して来てしまった為、全編通して画面がスモークがかかった様に見えてしょうがありませんでした(汗)。思わず雑巾で拭き拭きしたくなっちゃったしさー(←やっても無駄です)。一旦高画質高音質を経験しちゃうと、ちょっと質が落ちただけでめっちゃ気になっちゃうんですよね。人間(てかさかな)贅沢を覚えると、碌な事が無いです…(爆)。

|

« 「ヒゲーズ・オヴ・ヘヴン」@プレミア館 | Main | 「ス*リーン」ゲットだぜ! »

Comments

萬太様、こんばんは。
「キングダム~」の公開終了、お疲れ様でございました!
「オヤジスキー爺スキーヒゲスキーには金字塔」とお勧めいただいたので、私も遅れ馳せながら、先日見て参りました。

残念ながら、リドリー・スコットはあまり好きじゃないということを再確認してしまったのですが、オヤジーズはやっぱり素敵で、このキャスティングだけでも充分見る価値がありました。
そして、魅力的なオヤジたちを抑えて、エドワード・ノートンにメロメロにやられて帰って来ました。見に行って本当に本当に良かったです!

あと、オーリィがずっと同じアホ面に見えたのですが、実は繊細な表情をしていたのですね!?それはオーリィにたいへん失礼を致しました。認識を改めなければなりません。
そんなに細かいところまで見られるなんて、プレミアム館、いいですね~。私も何かの記念日とかに奮発して挑戦してみたいです!
それではまたお伺いさせていただきます~。

Posted by: midoro | Sunday, 03 July 2005 at 00:48

midoro様、ようこそお出で下さいました。返信が遅くなってしまい、大変失礼致しました。

エドワード・ノートンの素晴らしさは、本当にどんなに言葉を尽くしても語り切れません。彼程のビッグ・ネームが「顔を出さない」役を演じた事に驚きもし、同時にノートンだからこそあの役を演じられたのだ、と納得もするキャスティングでした。バリアンとの最初の出会いから始まり、登場する度に段々と弱々しくなって行く口調を思い出すだけで、胸に来る物があります。

指輪の時に都内の映画館を渡り歩いた暗〜い過去(笑)があるのですが、プレミア館の鮮明さはおそらく都内では一番かと思います。何しろ料金が料金ですので(苦笑)、おいそれとお薦めする訳にもいかないのですが、一度は訪れる価値のある館だと思います。

改めまして、書き込み有難うございました。激遅な返信に懲りずに、また遊びに来てやって下さいませ。

Posted by: 萬太@ダメ管理人 | Friday, 08 July 2005 at 00:19

萬太様、こんばんは。たいへんお世話になっております。
プレミア館の画面はそれほどまでに違うのですねー。
最近、やっと音響を気にするようになって来たのですが、
画質までは全然考えてませんでした。
一度味わってしまうと戻れない・・、というのが
ちょっと怖いですが、贅沢してみたいです!

そして、字幕改善に関する萬太様の記事を
自分の記事の中で紹介させていただき、
リンクも張らせていただきましたので、ご報告させていただきます。
もしご覧になられて、書き方でおかしな点がございましたら、
訂正致しますのでご連絡下さいませ。
それではどうぞ宜しくお願い致します!

Posted by: midoro | Saturday, 09 July 2005 at 02:22

midoro様、ようこそこんばんは。こちらこそお世話になっております。

>プレミア館の画面…
ボードワン陛下の装束のレース模様も、増々もって美麗でございました。お馬さん達の毛並みも微細さが倍増。思わず画面を触りたくなるくらい、つやつやと光っていました。

>一度味わってしまうと…
流石に値段が値段ですので、毎回と言う訳には行かないですが、お財布に余裕があって(←ここが一番大事!…苦笑)、映像的にイケると踏んだ作品がある場合に、清水の舞台から飛び下りる事にしています。まぁ、早い話がお気に入りの役者さんを「より美しく」観たい!と言うだけなんですが(爆)。

>記事の中で紹介させて…
恐縮でございます(汗)。人様の褌で相撲を取ってるだけの記事ですが(汗)、少しでも多くの方達に知って頂けるだけで、あの記事をアップした甲斐があると言う物です。

カキコ&リンク有難うございました。今後も引き続き、宜しくお願い申し上げます。

Posted by: 萬太@ダメ管理人 | Sunday, 10 July 2005 at 01:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/4778036

Listed below are links to weblogs that reference とりあえず打止め:

« 「ヒゲーズ・オヴ・ヘヴン」@プレミア館 | Main | 「ス*リーン」ゲットだぜ! »