« ダゴさんとカニ兄ちゃん | Main | 準備万端 »

Thursday, 25 August 2005

ヴィゴ・スキー・バトン、ダー!(ネタバレテンコモリ)

うわー!遂に回って来ました、ヴィゴ・スキー・バトン!「よりみち」のチーさんより頂きました。光栄でございます、チーさん。
映画や舞台の感想も勿論ですが、チーさん渾身の「シルフ・レポ」は必見でございます(力拳で主張中)。

ううううううむ、色んな意味で一番難しいバトンかもしれませんです。何しろ自分は好きなモノ程いぢめたくなる性格(爆)ですンで、そこら辺を汲み取った上でお願い致します…(平身低頭)。

Q1. ヴィゴ・モーテンセンの出演作で好きなキャラクター5人を挙げてください。コメントつき大歓迎。

1位:ルシファー様@「プロフェシー」(not 「ゴッド・アーミー」←ココ重要)
ダントツでルシファー様ですよ、ルシファー様!元々スキッド・ロウのPVを視てこの映画の存在を知りました。だから「プロフェシー」限定になる訳なんです。PVには映画のシーンも幾つか挿入されており、怪優クリストファー・ウォーケン演ずるゲィブリェル様の鬼畜ッぷりは、ソコからだけでも充分に伝わって来ました。つまり最初はウォーケン目当で観たって事です(爆)。

ところがどっこい、七分袖詰襟のルシファー様が登場した途端、ゲィブリェル様の存在が完全にブッ飛びました!何なんですか、あのフェロモンだだ漏れ堕天使わーー!使い魔に向かって吠えるわ、薔薇(漢字推奨カタカナ却下!)の花を咀嚼するわ、主人公を後ろから羽交い締めにするわ、ゲィブリェル様の心臓を喰らうわ、その後口中血まみれでエクスタシー爆発状態だわ!あらゆる行動が詰襟キッチリ状態で繰り広げられているにも関わらず、めちゃんこエロ過ぎ。真夜中に周囲が寝静まった中でコッソリ観てたのですが、コイツ絶対ヘンタイ役者だー!と狂喜乱舞してました(←アヤシ過ぎ)。

スキッド・ロウのPVの中で黒装束さんが両手を広げ無数の烏に変化して飛散するシーンが使われてたんですが、そこが一番好きでこの作品を観る気にさせられたンですよ。で、実際に本編を実際に観るまではずっーーと、ゲィブリェル様が立ってたンだと思い込んでたんですが、実はルシファー様の後姿だったンですよねー。今になって思うと、エロエロ堕天使は黙って背中で誘惑ってオチかと納得(←違うと思うぞ)。

2位:マスターチーフ@G.I.ジェーン
スミマセン、鬼畜キャラスキーで(苦笑)。同時にヘタレキャラスキーでもあるので、その両方を備えているマスターチーフはサイコーです。多分「ヴィゴ・モーテンセンと言う役者」を認識した最初の作品だったかと思われます。

一応歴戦の勇者で叩き上げの軍人って言うキャラ設定で、本人も役作りの為に相当にパンプアップした筈なのにも関わらず、デミ・ムーア@オニールよりも柳腰なのは如何なモノかと(爆)。
でもって、こんだけマッチョな役を演じてるにも関わらず、「小首を傾げて相手を見上げる」必殺技は健在でッす!

オマケにはなぢは出すわ、砂まみれになるわ、オニールに肩担がれるわと、全キャラ中一番のヘタレっぷり!訓練中の短パン姿太腿フラッシュ光線もさる事ながら、オーラスで詰襟キッチリ白装束の時もエロエロオーラが出てるのは、ハッキリ言って犯罪です!

時々思うンですがこのヒトって絶対、マッパ姿曝すよりもキッチリ着込んでいる時の方が、だだ漏れフェロモン量多くありませんか?

3位:アラゴルン(not エレッサール王←ココ重要)@LotR三部作
えええええええええっとぉぉぉぉぉぉぉぉ、コキタナイ期間限定ッて事で…(爆)。

うわー!スミマセンスミマセン!黒門バトルでのゴンドール装束でトロールに踏まれてる時は未だしも、戴冠式でのサラサラヘアー&キラキラ装束のエレッサール王は、自分的に『普通過ぎ』ちゃって…。小綺麗なヴィゴを好きな皆様、ホントに申し訳ありません…。

もひとつ懺悔を。「LotR」の映画化の話を小耳に挟んだ時に、一番大笑いしたキャスティングはヴィゴ@ゴルンです。

わーー!ホントにスミマセ〜〜ン!だってさー、それまでに観たヴィゴの役柄と言えば、無口な弟君だったり堕天使様だったり鬼教官だったり詐欺師だったりストーカーお坊ちゃまだったりしたんですよー(ま、大体こんな順番で観てるッて事です)。それが、名子役イラィジャ・ウッドの背後で、眉毛も黒々と(←ココ重要)剣を構えてるンですよー。将来ミドゥル・アースを背負って起つ漢になる予定なんですよー。笑いが止まらずには居られませんってば(←反省の色無し)。

て事で、一番最初「FotR」を観に映画館に足を運んだ際、ヴィゴ@ストラィダーの登場シーンで爆笑しない様、固ぁ〜く心に言い聞かせて客席に座りました。結果はまァ、聞かンといてやってくだちゃい…。

ま、そんな訳で(←どんな訳だよ…)ヴィゴ@ゴルンを筆頭に、豆様@兄上様、マッケラン様@ガン爺、リー様@サルマン様、ヒューゴーさん@デコロンド様、ブラッドさん@グリマ、と、ハリウッド映画に於ける悪役商会系メンバーオンパレードなこの作品、その後の自分の人生を大きくひん曲げてくれたのは言うまでもありませんです、ハイ。

4位:ディヴィッド@ダイァルM
日本で放送されてるCNNで昔、「ショウビズ・トゥディ」と言うエンタメ番組が放送されてました。今はもう無くなっちゃったけど(涙)。毎回ミニ特集みたいなのが組まれてて、ある日そこで紹介されたのが「画家で役者」なヴィゴ。題材は勿論“A Perfect Murder”でした。

その際彼の過去作を一通り紹介してくれてたんですが、そこで初めてアーミッシュの無口な弟とルシファー様とマスターチーフが、同一人物の演じたキャラだった事を知りました。道理でドコかで見た様な気がずぅ〜〜〜ッとしてたワケですよ。昔はIMDBなんて無かったンですから、キャストを知るのも一苦労でした。ホントイイ時代になったモノです。

全編通してヘタレ感炸裂なディヴィッドですが、マィケル・ダグラス演じるスティーヴン相手に船上でメンチを切る一瞬は、鬼畜オーラ爆発でございました。

5位:モーゼス・ホッチラィトナー@目撃者
↑で「ゔぃご・もーてんせん」が演じてる事を知るまで、ホンモノのアーミッシュから選ばれためっちゃ見目麗しいエキストラさんだとずーーーーーっと信じてました(爆)。ううううう、騙されたぜちくしょー!(←アホ)

元々はハン・ソロことハリソン・フォード目当で観に行った筈なのに、アレクサンダー・ゴドノフ演じるダニェル兄ちゃんにスッ転んでしまったと言う…(←またこのパターンだよ)。その兄ちゃんの脇で殆ど喋らず、たまに口を開いたと思ったらペンシルバニア・ダッチをもぎゅもぎゅ喋るだけの無口な弟君。その姿があんまり自然だったから、まさか役者さんが演じてるとは思いませんでした。この頃から既に、キャラになり切る演技の片鱗を見せていたッて訳ですな。

Q2. ヴィゴ・モーテンセンと共演してほしいハリウッドスター@男優5人を挙げてください。どんな形で絡むのか手短にコメントありだとうれしい。

はりうっどすたー(汗)!困ったなー、基本的にハリウッド・スター認定されてないタイプの役者さん達をスキなんですよね…。てことで、そんな方ばっかり並んじゃっても許してやって下さい。

1位:そりゃ勿論ジョエル〜(←馬鹿)。やっぱりコスプレ劇みたいなので、殺陣シーンでの対戦アリって事で(笑)。でもって、ジョエルがヴィゴにブッ飛ばされるシーンのスタント・ダブルは勿論、ナッシュ兄ちゃん担当で宜しく(←どこまでも馬鹿)。あ、ヴィゴは勿論本人の希望により(←ココ重要)、スタント無しでブッ飛ばされる予定ですんで(←鬼畜)。

2位:そりゃ勿論豆様との再共演に決まっておろうが!(←威張るなよ)
でもって「仁義なき戦い」路線で、対立するマフィアのボス同士なんてサイコー(闇笑)。二人がヤクザスーツ着こなしてマグナムとか構えてたら、それだけでゴハン100杯イケます!
そこにカールとかマートンさんとか出て来てくれたら、なお嬉しいンだけどなぁ…(←妄想もいい加減にせぇや)。

3位:江戸爺ことエド・ハリスも、もう一回お願い致します(苦笑)。“A History of Violence”では敵同士?みたいですけど、そうじゃない二人を観たいって事で。そーですねー、「スティト・オヴ・グレィス」並の「業」の深い兄弟愛ネタなんてどーでしょーかねー(黒笑)。それこそ観終わった後、喰い物が喉を通らなくなるくらいにネクラなオチ推奨で…(←やっぱり鬼畜路線かよ)。

4位:ポール・ベタニー。わぁい!マユナシ同士だぜーー(爆)!意外とブラック・コメディーなんかがイケたりして。「ソコ、ホントに笑ってイイのかー?!どうなんだー!?」って叫びたくなるくらい、キッツーーいジョークを連発して欲しいなー(ニヤリ)。

5位:アラン・リックマン。実際この二人が並んで立ってたら、スクリーン全面が凶悪オーラで埋まってそーだよなー(爆笑)。そーですねー、二人とも大変に特徴的な声の持ち主だから、アニメの吹き替えなんてどーでしょう(黒笑)。後、エドワード・ゴーリーの作品を交互に朗読するなんてのも魅力的…(うっとり)。あ、ヴィゴさん、ウニャ語はダメでッせー。ヒァリング出来なくなっちゃうからさ。

Q3. ヴィゴ・モーテンセンと共演してほしいハリウッドスター@女優5人を挙げてください。どんな形で絡むのか手短にコメントありだとうれしい。

男優さんヴァージョンに準じます。

1位:ケィト・ブランシェット姐様。「LotR」ではちょっとしか共演してないので、最初から最後までバリバリに絡んで欲しいですな。でもって日本じゃ絶対公開してくれなさそーな、暗くてタルくて鬱になっちゃいそーな内容の作品推奨(闇笑)。この二人ならホンに書かれてる事は勿論、それ以上の世界を繰り広げてくれる事は間違い無いでしょう(断言)。

2位:シャーリー・ヘンダーソン。彼女の名を知らずとも、一度は映画館で彼女の演技を観てる人は結構いらっしゃる筈。決してハリウッド的美人では無いけれども、「トレスポ」や「B・ジョーンズ」シリーズ、「ハリポタ」シリーズ等々のヒット作品で脇をしっかり固めてくれてます。演技に対するアプローチにヴィゴと共通するモノがある役者さんだと思いますので、是非打々発止の演技合戦を見せて&魅せて頂きとうございます。

3位:ミシェル・ロドリゲス。豆様が某「サイヒル」に出演するし、その向こうを張ってアクション・ゲーム系の実写映画化とか(笑)。某MGSなんてどーですかね?二人ともミリタリー系コス似合うしさ。

4位:ティルダ・スウィントン様。豆様とも共演してるくらいだから、いつの日か是非ヴィゴとも共演してくだちゃい。二人で並ぶと色素めっちゃ薄いだろーなー(笑)。そんな訳でジム・ジャームッシュ辺りがメガホンを取って、全編モノクロの作品とかどーですか?

5位:アンジェリーナ・ジョリー。一人くらいは「ハリウッド的」な役者さんを入れておかないと(笑)。アンジーちゃんと共演する男優さんはもれなく、色ぉ〜んな意味で「喰われる」事が多いので(笑)、そんなヴィゴをちょっと見てみたいかもです(←最後まで鬼畜)。

Q4. ヴィゴ・モーテンセンの魅力5箇所挙げてください。

1:ヘンタイ役者。どんな作品でも与えられた役柄に完全になり切る事が出来る「変体」役者だって事です。

2:マユナシケツアゴスキッパ。←な特徴があったから、どんなに違う役柄を演じようとも、例え画面の隅ッコでもにょもにょしていようとも、彼を見付けられたって事で。

3:サカオタ。豆様もですがね(笑)。スタディアムでガキンチョの様に一喜一憂する姿は、とてもゴンドールの王様や大将を演じてた人達と同一人物には見えません(笑)。

4:馬スキー。動物を支配しようとするのではなく、共に在ろうとする姿。そして動物に限らず、彼自身を取り巻く全ての存在に対しても、そうであろうとする魂。

5:フェロモンだだ漏れ。ちょっと大安売りし過ぎじゃないスか?(苦笑)

Q5. バトンを回す方を挙げてください。人数問わず。ブログでも日記でもOK。止めてくださっても結構です。

えっと、確かizuさんにはもうバトンが回ってた筈なので、またくま×2さんとRYOKUSUIさんにお願いしようかと。あと某Mちゃんもよろぴく(笑)。

それからもうお一方。ヴィゴ&豆様情報マスターであらせられる「落ち穂ひろい」のpunktさんにお願い致しました。punktさん、バトン受け取って下さって有難うございま〜す(深々〜)。
ジョエルとナッシュ兄ちゃん関連で手一杯(爆)の自分にとって、ヴィゴ&豆様関連のニュースはpunktさんに頼りッぱなしでございます。鬼畜でオタクな自分と違って、至極真っ当な回答をして下さる事は間違い無いので、皆様そちらでお口直しを為さって下さいませ…。

|

« ダゴさんとカニ兄ちゃん | Main | 準備万端 »

Comments

うわーールシファーから入るところが、いかにもですなぁ(闇笑)
どの項目も理由付けも他の方のコメントとは違っていて、さすがでござりまする。
楽しまさせていただきました。

Posted by: ジョニさん | Friday, 26 August 2005 at 00:59

続投ですみません。

悪役商会系メンバーとこに、マートン様のお名前が無いの何故?
やっぱし、影薄旦那様(暴言)は○点だからはずしたでつか?

ってヴィゴとは関係ないことを・・・・・・
だーーーーおしゃかなさまの腐朽活動の受けすぎかしらん・・・・

Posted by: ジョニさん | Friday, 26 August 2005 at 12:42

濃いわ、濃いわっ!
素晴らしいです。
目撃者で既にヴィゴに目をつけていたのはさすがですな~~。

ポール・ベタニーとの共演、私も見たいっ!
フェロモン駄々漏れ大安売り(爆)
まさにその通り、ほんと漏れすぎのときありますよね。
栓閉めとけっ!って感じのときが…。
そんなところもヴィゴらしくて良いのですが…

回答お疲れ様でした~。
あ、そしてシルフレポの力拳で主張ありがとうございます(照)

Posted by: チー | Saturday, 27 August 2005 at 00:11

ジョニさん、チーさん、お二人様共ようこそお出で下さいました〜。

ジョニさん。
>ルシファーから入るところが…
惚れた弱味ってコトで(爆)。自分の中ではヴィゴ=ルシファー様でずーーっと来てましたので、絶対にコレは外せない訳でして…(苦笑)。

>他の方のコメントとは違っていて…
違い過ぎてて、何の参考にもならない回答ですよね…。最初にこのバトンを考案して回し始めた方からしたら、まさかこんな鬼畜なヤツに行着くとは、夢にも思わなかった事でしょう(←開き直ってるし…)。

>マートン様のお名前が…
指輪公開前に自分が単館系で観た作品にマートンさんは出演為さってらしたンですが、確か「ハリウッド」系の作品には出演してなかったンですよね。一応指輪前に悪役商会@ハリウッド入りしてた方ってコトで、今回はパスさせて頂きました。

それよりも大事なお方をすっかり忘れちゃってましたー(汗)。リドスコの「エィリアン」で、それはそれは***な演技を見せて&魅せて下さった、大旦那様ことサー・ホルム@ビルボですよー!未だ未だ修行が足りない自分でございます(殴打)。

チーさん。
>濃いわ、濃いわっ!素晴らしいです。
濃過ぎてドロドロになってます(爆)。「素晴らしい」なんてお言葉を頂けるなんて、誠に勿体のうございますよ…(汗)(汗)。

>ベタニーとの共演、私も…
二人並んでる姿を想像するだけで、ゴハン100杯…(以下略)。二人ともめちゃめちゃ「子煩悩」なパパだから(笑)、撮影中に子育て談義で盛り上がっちゃったりして(←妄想中)。

>栓閉めとけっ!って感じのときが…。
ホントですよー。色ぉんな意味で「自覚症状無さ過ぎ」な四十路でございます(苦笑)。

>力拳で主張…
読ませて頂く間、いつの間にか「力拳」になっちゃうくらいに、アッツ〜〜いレポでしたから〜!

お二人共ヴィゴスキーなカキコを、どうも有難うございました〜。

Posted by: 萬太@ダメ管理人 | Sunday, 28 August 2005 at 01:08

こんばんは~~!
先日は帯ヘタレ話にお付き合い頂きまして、本当に有難うございました!!

先日、やっとPCが届きまして、そのご報告に参りました。
しかし、イマイチ使い勝手が分からなくて……。
どうなることやら……。

バトンしかと受け取りました!
でも、難しいよ~~(涙)
今の私の心は稲葉さんが一杯……。
面白可笑しく書けないよ~~!

あ、RYOKUちゃんから頂いたバトンもまだだ……。
わ~~い! 宿題が一杯!!(殴打)
B'zのライヴ後には書けると思いますので、しばしお待ち下さい……。


あ、このたび、別口でブログを立ち上げました!
内容は……(黒笑)
ウケケケケケ!

Posted by: くま | Sunday, 04 September 2005 at 01:46

やほー、クマさん!毎度ようこそー。帯ネタ楽しませてもらってますよ(ニヤリ)。

バトン受け取って下さってサンクスです。いざ選ぼうと思うと、難しいですよねー。アレもコレもー!とか色々湧いて出て来ちゃって、絞り込むのに一苦労です(汗)。

>稲葉さんが…
イナさんスキーバトンとか無いのかなー。てか、クマさん作って回しちゃえー!(←無責任発言)

>宿題が一杯!!
そう言えば、オコサマ達の夏休みは終わっちゃいましたねー(笑)。まぁ、〆切りある訳じゃないし、ゆっくり考えて下さいな〜。

>別口で…
うわー、何か真っ黒けッけな笑いが展開されてますよ(爆)。あるいはイラ*ジャさんの怪鳥の様な笑い声、とか?(←こらこら)

てことで、ウケケなカキコをどうも有難うございましたー。ウヒヒヒヒヒ!

Posted by: 萬太@ダメ管理人 | Thursday, 08 September 2005 at 00:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/5637952

Listed below are links to weblogs that reference ヴィゴ・スキー・バトン、ダー!(ネタバレテンコモリ):

« ダゴさんとカニ兄ちゃん | Main | 準備万端 »