« 「ケィヴ」日本公開 | Main | ミュージカル・バトン(Musical Baton) »

Monday, 15 August 2005

エディンバラ国際映画祭2005

今月の17日から28日の間、英国はスコットランドのエディンバラで行なわれるエディンバラ国際映画祭(公式サイト:英語)にて、ジョエルの出演作“Kinky Boots”と、ナッシュ兄ちゃんがプロデューサーに名を列ねる“The Magician”の双方が上映されるそうです。
Kinky Boots”の方はUKプレミァを兼ねてるそうですが、ジョエルが姿を見せてくれたりなんかしたら、めっちゃ嬉しいワケでして。一方“The Magician”はと言えば、豪州作品として唯一の参加みたいです。これまた兄ちゃんが姿を(以下同文)。勿論一番嬉しいのは、二人仲良く並んでる姿なのは言うまでも無く…(←暴走中)。

この映画祭では、他にも興味ある作品が目白押しでして、とにかく指輪組の出演作がずらりと名を列ねています。

Asylum
以前こちらでもチョロッと触れた、ガン爺ことマッケラン様とケレ様ことマートンさんの共演作です。公式サイト(英語)はこちらです。

Green Street
米国での題名は“Hooligans”。ホビット代表にしてPrince Of Geeksなイラィジャ・ウッド主演のサカネタ作品。元ハーヴァードの学生がロンドンで出逢ったのは、過激なサッカー・ファン=フーリガン達の世界だった…、みたいな物語らしいです。公式サイト(英語)はこちらです。

On A Clear Day
もう一人のホビット代表、ビリー・ボィド出演作です。主演は「クラブ進駐軍」にも出演していたピーター・ミューレン、共演にブレンダ・ブレッシン。水泳ネタの作品って事で、ビリーさんの肉体美(笑)をたっぷり拝めますな(←ソコかいっ!)。公式サイト(英語)はこちらです。

The Dark
大きい人代表は、豆様ことショーン・ビーンの出演作です。噂のサイコ・ホラーですけど、意外と怖がり屋さん(爆)のショーンが、こう言う作品に出てるってのが一番の笑い所かもしれません(←鬼畜)。それにしても、公式サイトがどうしても見付からないのは何故なんだー!?

これで元野伏の旦那主演作とか、元エルフの女王様主演作とかもあったら、ますます壮観だったでしょうなー。ま、マイキング&兄上殿の出演作は、トロント国際映画祭で揃い踏みになる予定ですが(笑)。
今の所、こちらの映画祭に出演者のお歴々が姿を見せてくれるかどうかは不明ですが、せっかくのお膝元ですしスコッツ代表として、元最年少ホビットさんくらいは来てくれたら嬉しいンだけどなぁ…。

その他個人的に色々と(苦笑)。

Nordkraft (Angels in Fast Motion)
マッツんことマッツ・ミケルセンのお兄さん、ラーズの出演作。ラーズさんは主人公のお父さん役らしいです。公式サイト(デーン語)はこちらです。

Mørke (Murk)
これまたマッツん関連で。彼と良く共演しているニコライ・リー・カースに付いてこちらでちょっと触れましたが、そのニコライ君の主演作です。あらすじによると、サイコ・スリラーぽい話みたいです。公式サイトは只今営為捜索中…(爆)。

Gypo
ホーンブロワー・シリーズの渋系代表、ブッシュ海尉を演じたポール・マクギャンさん出演作。ちなみにこの作品に於けるポールさんの役名も「ポール」です(笑)。公式サイト(英語)はこちらです。

Grizzly Man
ドイツが生んだ鬼才、ヴェルナー・ヘルツォーク監督のドキュメンタリー作品。グリズリー・ベアー(ハイイログマ)に魅せられ、共に暮らす事を望んだアウトドア作家、ティモシー・トレッドウェルの撮影したフィルムを元に構成されています。公式サイト(英語)はこちらです。
正直ヘルツォークにしては随分「無難」な素材を選んだなーと思いきや、トレィラー視て納得。この作家さんてば、随分と色ンな意味でイッちゃってますがな…(汗)。

ちなみにヘルツォークが監督した“Invincible”(邦題:神に選ばれし無敵の男)に於いて、元世界最強の男ことヨウコ・アホラさん(「キングダム・オヴ・ヘヴン」の金髪お下げのドイツ人騎士役)が、ジシェ・ブラィトバート役で俳優デビューを飾っています。

George A. Romero's Land of the Dead
ホラー映画の巨匠にしてゾンビ映画の教祖様(笑)こと、ジョージ・A・ロメロの最新作キター!アメリカでは今年の6月に公開&初登場5位を記録、日本でも今月末に緊急公開が決定ダー!
て事で、公式サイトは英語がこちらで、日本語がこちらです。デニス・ホッパーやジョン・レグィザモ等のクセ者役者に混じって、かつてロメロ監督作「ドーン・オヴ・ザ・デッド」で、プロデューサーを勤めたダリオ・アルジェントの娘アーシァが出演しているッてェのも、ホラー映画ファンには涙モンのキャスティングでございますなぁ…(闇笑)。

|

« 「ケィヴ」日本公開 | Main | ミュージカル・バトン(Musical Baton) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/5488570

Listed below are links to weblogs that reference エディンバラ国際映画祭2005:

« 「ケィヴ」日本公開 | Main | ミュージカル・バトン(Musical Baton) »