« 教授再び | Main | 明日はコス・ナイトッ! »

Tuesday, 13 September 2005

“The Magician”誕生秘話

こちらのニュースサイトさんで、“The Magician”にナッシュ兄ちゃんがプロデューサーとしてどう関わったか、みたいな記事がありました。“The Magician”は、監督・脚本・主演を勤めるスコット・ラィアンさんが、ある本を読んだ事で浮かんだアイデァを元に作り上げた作品らしいです。そこにラィアンさん個人の経験した事も盛り込んでいるそうで、そう言う意味では半自伝的なストーリーになっているのでしょうか。

元々は3,000豪州ドル(約26万円)余りで撮った映像を編集してダイジェスト版を製作し、ハリウッド資本に片っ端から送ったそうですが、何の反応も返って来なかったそうです。しかし、セントキルダ映画祭でそれを目にしたナッシュ兄ちゃんには、ビビッと来たモノがあったのでしょう。マィケル・ベネットさんを共同プロデューサーに迎え、オージー政府が主催する基金から430,000豪州ドル(約3,600万強)の資金をゲットし、編集作業にも一役買いました。お兄ちゃん曰く「彼(=ラィアンさん)が数千ドルで作ったこの作品は未完成の状態でも、自分がこれまで観て来たオージー映画作品の中でも、最も素晴らしい物の一つだったんだ。(ラィアンさんの)演技もとても良かったんだよ。」との事。

お兄ちゃんを始めとした様々な人の力を借りて、“The Magician”はその魅力を存分に世間に知らしめる作品に仕上がりました。豪州国内のみならず、先月行なわれたエディンバラ国際映画祭でも高い評価を受けましたし、ネット上のレヴューサイトとかでも軒並み高得点をもらっています。豪州では今月の29日に封切られるそうですが、いつの日か日本でどんな形でも良いからお目にかかれたらなぁ…、と相変わらず叶わぬ夢を見ている自分でございました(苦笑)。

|

« 教授再び | Main | 明日はコス・ナイトッ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/5965670

Listed below are links to weblogs that reference “The Magician”誕生秘話:

« 教授再び | Main | 明日はコス・ナイトッ! »