« 嬉しいンだけど… | Main | “The Magician”について関係者一同(含ナッシュ兄ちゃん)が語るの巻 »

Wednesday, 28 September 2005

“The Square”についてナッシュ兄ちゃんが語るの巻

友人が熊本の温泉に行ってると聞いて、「熊の素…」と一瞬考えた萬太です(←脳味噌タレまくり)。

豪州のニュースサイトにナッシュ兄ちゃんのインタヴュ−記事が掲載されてました(こちら)。前半はお兄ちゃんが監督を勤め、ジョエルが主演&共同脚本を担当する新作“The Square”について語ってくれてます。

「来年の半ばまでには撮影したいと思っているんだ。脚本はほぼ準備が整ったと言える。今は資金と物資をまとめている最中だ。」
「今度の作品はスリラーだ。俺は色んなジャンルをミックスするのが好きなんだけど、根本的にはスリラーと位置付けて良いと思う。」

スリラーでジョエルが主演なら、オタオタなジョエルを思う存分堪能出来るってコトですねー(闇笑)。

自主製作の短編作品を共同製作したり、他人様の作る長編作品(星戦争とかですね)で共演したりしてる二人ですけど、二人で作る長編としては今回がお初になります。

「彼は俺の親友だ。俺は彼と一緒に仕事をするのが大好きなんだよ。」

まったくもー、どこまでも仲良しさんな兄弟でございます(笑)。

後半はエディンバラ国際映画祭でも話題になったナッシュ兄ちゃんのプロデュース作品“The Magician”の紹介とそれについてのお兄ちゃんのコメントです。

「誰かが俺の家にやって来る時には何時でも皆に見せてる、そういう類いの作品だ。 そのうちにシドニーの人達を全員自分のアパートまで引きずってくる訳にはいかないって事に気付いた。で決心したんだ。この作品を映画館の観客の所まで届けなきゃって。」

今頃気付いた事。エディンバラでのインタヴューでジョエルも口にしてましたが、今は二人ともシドニーを拠点にしてるンですね。良く調べたら、Blue Tongue Filmsもシドニーにある模様。今の今までずーーっとメルボルンっ子だからメルボルンに居るンだとばっかり思ってました。思い込みはイケナイと言う教訓でございます。

|

« 嬉しいンだけど… | Main | “The Magician”について関係者一同(含ナッシュ兄ちゃん)が語るの巻 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/6257256

Listed below are links to weblogs that reference “The Square”についてナッシュ兄ちゃんが語るの巻:

« 嬉しいンだけど… | Main | “The Magician”について関係者一同(含ナッシュ兄ちゃん)が語るの巻 »