« アフガニスタン映画祭(ネタバレあります) | Main | 鬼が笑う話 »

Tuesday, 29 November 2005

IF AWARDS 2005

ご近所に豊田さんちのレクサスの販売店が出来て、「まー、こんな辺境の地に?!雪でも降るンじゃないかしらん…」って思った自分です。それはさておき、そのレクサスがナゼかスポンサーに名を列ねている豪州の映画祭、IFアワード2005が11月の23日に開催されました。この映画祭にはジョエルが声優を勤めシモキタでも上映された「ジャスパー・モレロの冒険」や、ナッシュ兄ちゃんがプロデューサー&編集を担当した“The Magician”もノミネィションされていました。

授賞結果はこちら とかにアップされていますが、ケィト・ブランシェット姐さんとヒューゴ・デコロンド・ウィーヴィンク氏が共演為さった“Little Fish”で、お二人が主演賞をダブル授賞されましたー(パチパチッ!)。後、「ジャスパー〜」もベスト・アニメィション賞を授賞しましたが、“The Magician”の方は残念ながら授賞を逃してしまった様です。

その代わり?、と言うか、EDGEブラザーズと愉快な仲間達(笑)による擬似ドキュメンタリー作品が、TV中継の合間に放送されたそーです。(詳細はこちら )。“IF Thing”と名付けられたこの作品は全部で4つの小咄から構成されていて、ジョエル&ナッシュ兄ちゃんにキァラン・ダーシー=スミスさんとトニー・リンチさんのBlue Tongue Filmsのメンバーが全員集合。兄ちゃんがアワードの主催者の元を訪れ、豪州の映画雑誌IFマガジンのエディターであるディヴィッド・ミショーさんからショート・フィルムの製作を依頼される所から話が始まります。

一連の作品をチョロッと垣間見たのですが、相変わらず仲良し兄弟で、ファスト・フードで兄ちゃんはジョエルとケータイで密談(笑)してるし、映画館ではジョエルのポップコーンを兄ちゃんも一緒に頬張ったりするし、何か頬張りながら一緒に道端歩いているし、兄弟揃ってレクサス・ジャック(←え゛?)はするし、兄弟揃って運転席と助手席を占拠してるし、最後も兄弟揃って息が合ってるし、「まったくもう、どこまでも仲良し子良しさん達だねぇ…」と目頭が熱く、なんてコトには勿論ならず、思わず苦笑してしまった管理人でした(←おいおい)。

|

« アフガニスタン映画祭(ネタバレあります) | Main | 鬼が笑う話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/7424610

Listed below are links to weblogs that reference IF AWARDS 2005:

« アフガニスタン映画祭(ネタバレあります) | Main | 鬼が笑う話 »