« “Shooting Dogs”@ロンドン映画祭 | Main | ジョー様メニュー@HRC六本木 »

Saturday, 12 November 2005

イロイロとお腹イッパイ(笑)

今日はまたまたシモキタに行って参りました〜♪。えぇっとぉ〜、第三弾、かな?(←算数苦手らしい)
受付で「Bプロ1枚お願いします」と言って「Bプロのみで宜しいですね?」と聞き返されただけなのに、一瞬ものすごーく焦ったのは、イロイロとヨコシマな観客だと言う自覚があったからに他なりません(苦笑)。

前回よりはやや人数が増えてましたが、やっぱりお客さんはヒト桁台…。Aプロからそのまま連続で観る方も何人かいらっしゃいました。最早「真面目」に鑑賞する等と言う無理な挑戦はヤメて、「煩悩」のままにジョエルの悶え声&叫び声を鑑賞(←鬼畜)。真っ暗なのをイイ事に黒い笑いを浮かべながらスクリーンを凝視しているのは、間違い無く自分だけだったでしょうな。

夜は以前から行きたいなーと思っていたオィスター・バーへ。日本全国は無論の事、世界各地から空輸された色々な種類の中から、その日入荷した旬の生牡蠣を食べさせてくれるお店でございます。本日はタスマニア(!)産と宮城産がオススメと言う事で、早速注文しましたー。

最初はやっぱり豪州繋がりでタスマニァン・オィスターだろー!(←分かり易過ぎ)って事で、テーブルに運ばれて来たのがこちら 。色艶もさる事ながら、口にした時の触感がいやもうタマリマセンでしたー。

続いては宮城産(こちら )。前出のタスマニァン・オィスターと比べますと、薫りがやっぱり日本の海の匂いなんですよー。こちらもふるふると口の中で踊るがごとき新鮮さ!

牡蠣のみならず他の魚介類も試してみよう!って事で、白身魚カルパッチョを注文(こちら )。薄くスラィスして赤ワインヴィネガーに漬けた大根に包まれておりました。このコンビネィションがなかなかイケるんですよー。

こちら はラルド乗せの焼き牡蠣。ラルドって言うのはイタリア語でラード(豚の脂肪)の事を指すそうですが、ここで言うラルドとは固まりの豚バラ肉をハーブ入岩塩の中に1年以上漬け込んだイタリアの珍味の事!それを薄〜くスラィスして牡蠣の上に乗せオーヴンで焼いてあります。ラルドから滲み出た肉汁とミディアム・レァの牡蠣とのマッチングは絶品でございました。

未だ未だ続きまッせ〜(笑)。ムール貝の冷製 も旨かったです〜。レッド・ペッパーの香りとムール貝の風味が渾然一体となって、口の中で絶妙のハーモニーを奏でます(←美味し*ぼ風)。

季節限定メニューのオィスター・チャウダー でちょっと冷えた身体を温めます。中に浮かぶ牡蠣は程よく火が通っていて、作り置きでない事をアピール。

最後はやっぱり魚介のパェーリァ で〆。真ん中にこんもりと盛ってある深い緑色の海藻は、何となくアオサっぽい気がしました。これとパェーリャを混ぜて食べると磯の香りが口の中イッパイに弾けます。パェーリァはやっぱり「お焦げ」部分だろー!、って事で皆で争奪戦になりました(苦笑)。

そんなこんなで、昼も夜もめちゃんこ欲望に忠実な一日でございました〜。

|

« “Shooting Dogs”@ロンドン映画祭 | Main | ジョー様メニュー@HRC六本木 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/7187541

Listed below are links to weblogs that reference イロイロとお腹イッパイ(笑):

« “Shooting Dogs”@ロンドン映画祭 | Main | ジョー様メニュー@HRC六本木 »