« 何を今更… | Main | 更新講習を楽しく受ける方法 »

Saturday, 05 November 2005

シモキタ詣で第二弾!(チョイとネタバレバレ〜♪)

本日はまたしても若者の街シモキタへと繰り出しました〜。目的地は勿論トリウッドさん でございます(苦笑)。今日はAB両方のプログラムを鑑賞して参りましたッ!それと「ジャスパー・モレロの冒険」をジョエルへのツッコミ無しでちゃんと鑑賞しよう!、ッて思ったのもありましたし…(汗)。

前回は貸切状態でしたが、今回は週末と言う事もあった為か、自分以外にもお客さん達がちゃんと居らっしゃいました!…と言っても、自分含めてヒト桁でしたが(汗)。真ん中辺りの席には既に幾人かのお客さんが着席してお出ででしたので、後方の端ッこ辺りの席に座りました。間もなく館内の照明が落とされ予告編が幾つか流れた後に、今回はトラブル無くAプロの上映が始まりました。

1本目は「ポテリーヌ(原題:Poteline)」。仏製アニメで、グリム童話で有名な「ラプンツェル」のパロディー?みたいなお話。高い塔が沢山建っている「お姫さま達の国」、そこでは「王子さま達の日」を心待ちにしているお姫さま達が沢山居ました。でも、グリム童話と違ってこのお話のお姫さま達はとっても積極的!翻って王子さま達の方はと言えば…(苦笑)。

2本目は「星につつまれて(原題:La tte dans les toiles)」。こちらも仏製。大きな街のど真ん中に住んでいる青年は、満天の星を求めて山奥へと向かいます。雨ニモ風ニモ雷ニモ負ケズ、星降る夜を満喫していたのですが…。

3本目は「夜話(原題:En nattsaga)」。スウェーデン製。家族の喪失と再生を描いた一本です。白と黒のコントラストが静謐な空間を醸し出す逸品。一見只のモノクロームCGアニメに見えるンですが、よぉ〜っく目を凝らすとランプシェードカーテンうっっっすらと透けていて、ちゃんと向こう側の風景が見える様になっているんです。芸が細か過ぎですよ、マジで。

4本目は「ピナータ(原題:Piñata)」。ものすごーくリァルな風景の中に、ものすごーくコミカルなデザインのピナータ(メキシコでクリスマスや誕生日の時に使われるハリボテの人形 の事。中にお菓子や玩具を入れて吊しておき、子供達が棒で叩いて中身が降って来るのを楽しむ。)が吊り下がってて、そのギャップが楽しいアニメィションです。メキシコ産かと思いきや、豪州産のアニメでした(笑)。

最後は「アニーとブー(原題:Annie und Boo)」。独産のアニメですが、なぜか全編英語の台詞付き(笑)。
少女アニーに淡い恋心を抱くブー。彼女の気を引こうとするブーですが、口から出まかせばかり言うブーにアニーは怒ってしまいます…。とりあえずブーよ、根回しがセコ過ぎだってば…(爆)。「トイ・ストーリー」等でもお馴染みの3Dアニメなんですが、学生さんが作ったとは思えない技術水準の高さ!いやはや、世界は驚きに満ちています。

Aプロが終わったトコロでBプロ上映まで休憩となり、お客さん達は自分ともうお一方くらい?を除いて入れ替わりましたが、相変わらずヒト桁台と言う…(汗)。ま、それはさておき、兎にも角にも「ジャスパー・モレロ〜」を真面目に観よう!と言う崇高な目標(←大袈裟な…)を遂行すべく、休憩中にスクリーン正面の席へ移動しました。場内暗転となり予告編が始まりましたが、何となく前回よりも短かった様な気がしました。

Bプロ上映が始まって「最後の編み物」「風」「ピュラング」に続き、「ジャスパー・モレロの冒険」になりました。ジョエルの語りが始まると同時に自然に顔がニヤけて来ちゃいそうになりましたが、必死でこらえてちゃんと物語や映像に集中集中!何しろ今日は自分一人ではなく背後や横に他のお客さん達が居らっしゃいますから、前回の様に不穏な動きをするワケには参りません(←前回はしてたッてコトかいッ!)。

前半は何とか真面目モードをキープしていた自分ですが、真ん中辺りでジャスパー達が「舟」を乗り換えるエピソードに入ると、段々雲行きがアヤシくなって来ました。初っ端からかなりヘタレ度高めなジャスパーなんですが、それがクラィマックスに向かってどんどん加速して行くンです。しかも、麻酔薬打たれたりモンスターに襲われたり鎖に繋がれたりする度に、いちいち“Oow...”だの“Ahh!”だの“Uh-hhh...”だの、もうそーゆー呻き声とか叫び声とか溜息なんかを挙げてくれちゃったりするンですよー!

こーなるともう、場内が真っ暗なのをイイコトに黒い笑いが顔に貼り付きっぱなし(爆)でございます。流石にびちびち跳ねたり声を出して笑ったりするワケには行きませんので、後方のお客さん達から不振に思われない事を願って、ハンカチで口を押さえ必死でこらえ続けていました。冗談抜きで拷問一歩手前状態でしたよ、マジで…(殴打)。「真面目に鑑賞」の目標がアッサリ瓦解してしまったシモキタ詣ででございました…。

|

« 何を今更… | Main | 更新講習を楽しく受ける方法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/6926764

Listed below are links to weblogs that reference シモキタ詣で第二弾!(チョイとネタバレバレ〜♪):

« 何を今更… | Main | 更新講習を楽しく受ける方法 »