« 一作目公開は4年前 | Main | ゲッ!ゲッ! »

Sunday, 04 December 2005

鬼笑ネタ続いてますよー(苦笑)

先日来年のサンダンス映画祭のネタをふりましたが(こちら )、その後新たな発見がッ!!(←大袈裟過ぎやねん)

こちら の記事に寄りますと、ジョエルの出演作“Open Window”もサンダンスのスペクトラム部門への出品が決まったらしーのです。この映画は今のトコロ、題名とか出演者とか以外殆ど情報が無く、公式HPすら作られていないくらいのインディペンデント作品です。去年撮影されてポスプロも既に終了しているにも関わらず、全く上映の見通しが立っていないッぽいンですね。
駄菓子菓子ッ!、もしも来年のサンダンスで上映されて好評だったりしたら、少なくとも米国内での公開の可能性は出て来る訳ですから、嫌が応にも期待が高まると言うモノです。

もう一つ。このスペクトラム部門にはマッツんことマッツ・ミケルセンのスウェーデン映画、“Adam's Apple”(原題:“Adams æbler”)も出品されるとの事。うわァ〜い!ガウェ&トリの三つ編みコンビ揃い踏みですよーー!!(←違うから)
そんでもってボースのレイさんが出演している豪州映画、“The Proposition”までこの部門に出品されるみたいなんですよー!コレってもしかして、王アーサー・ファンの為の仕込だったりしませんか!?(←絶対に違うから)
この上今年みたいにナッシュ兄ちゃんがショート部門に“Lucky”辺りを出品したりとか、ジョエル&兄ちゃんの初長編作品“The Square”をどっかの部門に出品したりした日にゃ、真剣に渡米したくなっちゃいそーなンですけどー!(←言うだけならタダだな)

とまぁ、お馬鹿な叫びはさておき、“Adam's Apple”にはマッツんと良く共演している毎度お馴染みのニコラィ・リー・カース君や、「キングダム・オヴ・ヘヴン」にも出てらしたウルリッヒ・トムセンさんも出演してらっさいます。
あ〜んど、“The Proposition”の方には我等がディジーことディヴィッド・ウェナムとか、ヒュー・ダンシーとも共演してらっさるジョン・ハート爺とか、ガィ・ピァースとか、エミリー・ワトソンとかも出演。一番びっくりなのは、脚本があのニック・ケィヴって事かもだー(←いきなりロック・ネタ)。

てコトで、年末ジャ*ボ宝くじでも買うかーー&当たったらユタに飛んでみるかーー、等と超非建設的な計画を練っている管理人でした(苦笑)。

|

« 一作目公開は4年前 | Main | ゲッ!ゲッ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鬼笑ネタ続いてますよー(苦笑):

« 一作目公開は4年前 | Main | ゲッ!ゲッ! »