« 人生ネタで生きてます… | Main | ウマ牡蠣&ウマーな機長さん(ネタバレもウマウマ←意味不明) »

Friday, 10 February 2006

チュウィーさんのインタヴュー

毎度の事ながらネットの海を彷徨っていた所、チュウィーさんことチュウィテル・エジョフォーさんのインタヴュー記事をめっけましたー(こちら )。内容は勿論、ジョエル主演(笑)の“Kinky Boots”に付いてで〜ッす。

前半は“Kinky Boots”の内容について。心の温まる上品なユーモァにあふれている作品だと言う事や、映画に登場するキャラのモデルになった人達と実際に会ったのはとても有意義な経験だった事、イギリスらしいヒネリの効いたストーリーだと思う、等と語っておいでです。

真ん中辺りは役柄に付いて。ローラ(=サィモン)のキャラクターについて。彼女(=彼)を演じるにあたって実際にSOHOのクラブに行ったそうですが、出逢った人達は皆素晴らしい人々で良い経験が出来た事、また、歌手としてのリハーサルをクラブの人達も交えて行なった事等について語ってくれてます。

そして最後の方で、インタヴューアーさんがこんな質問をしてくれます。「素晴らしい英国の配役と豪州の主役。その事についてお聞かせ下さい。あなたは『ショウン・オヴ・ザ・デッド』や『スペィスド』等に出演したニック・フロストや、その他あなたも良く知る人達と共演されましたね。」

でもってチュウィーさん曰く、「本当に素晴らしい出演陣がこの映画の為に集められたし、皆この企画と脚本心の底から愛して楽しんでいたと思うよ。ジョエルはもう最高だった!ノーザンプトンのアクセント修得しようと尽力していて、完璧にこなしていたよ。彼は本当に素晴らしい仕事をしてくれたし、若きアルバート・フィニーの様なタイプのこの役柄にピッタリだったし、本当にパーフェクトに振る舞って居たよ。」とジョエルをべた褒め状態!

実際の所、インタヴューアーさん的にオージーのジョエルはまぁさておき(苦笑)、ニックさんやヒロイン役のサラ・ジェーン・ポッツさんやその他英国系の役者さん達について、チュウィーさんのコメントを欲していた風に見受けられます。でも、当のチュウィーさんはそんな事お構いナシで、ひたすらジョエルの事ばっかり答えてくれてる所がちょっと笑えました(自分はウレシイけどナー!)。

|

« 人生ネタで生きてます… | Main | ウマ牡蠣&ウマーな機長さん(ネタバレもウマウマ←意味不明) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65592/8587189

Listed below are links to weblogs that reference チュウィーさんのインタヴュー:

« 人生ネタで生きてます… | Main | ウマ牡蠣&ウマーな機長さん(ネタバレもウマウマ←意味不明) »