Sunday, 05 February 2006

すっごい昔のネタ。

なのに今ココで取り上げてるのは自分が今頃見付けたからと、他にめぼしいネタが無かったからッて事で…(苦笑)。

ダゴのレィさんことレィ・スティーヴンソンさんがゴルフしてる画像をめっけましたー。とぉーーーっても巨大な画像なので読み込みに時間かかると思いますのであしからず〜。とりあえず一枚目はこちら

うわ!オッサン臭ー!でもヲットコマエやなー!(←褒めるか貶すかどっちかにしようよ)

でもって、もひとつがこちら

うわ!デカー!でもってやっぱりヲットコマエー!

身長は勿論なんですけど、肩幅がどー見ても他の皆様の1.2〜3倍はあるッスー!でも、ドラィヴァーのシャフトの長さが他の人のと同じくらいっぽいのが気になるなァ。レィさんくらい身長があるとシャフト長も相当長くないとスィングし辛いと思われ…。

これは去年の9月19日に行なわれた、AFI主催のゴルフ・トーナメントの時のモノだそーです。他にもマーク・ウォルバーグとかアンディー・ガルシァとかゲィリー・シニーズとかマィケル・チクリス等のセレブが参加、レィさんはHBOやワーナーの関係者とチームを組んで(2枚目の写真)参加、見事優勝した模様です。

ところで、先日BS−2で放送されたGG賞の授賞式の録画を今日ようやっと視ましたー。某Vさんとかドムとかキリァンとかヒースとかは映ってたンですが、“ROME”のシーンが流れたにも関わらずレィさんとケヴィンさんと全然映ってなくってしこたま残念でしたーー。今のトコロ日本での放送予定も無さそうだし、やっぱDVD化されるのを待つしかないンでしょうかねぇ…(しくしくしくしく)。

GG賞絡みで一つ訂正を。今回ノミネィトされていて日本でも話題の「プラィドと偏見」のMr.ダーシー役、Matthew MacFadyenさんを今迄「マックフェイデン」と表記していましたが、それが間違いだと判明。授賞式の際壇上にエマ・トンプソン女史が登場して「プラィドと偏見」の紹介をなさっていらしたのですが、その際に彼の名前を「マックファジョン」と発音していらっしゃいました(でも字幕はマクフェイデンになってたと言う…)。てな事で、世間様はともかくこちらのブログではエマ女史の発音通りに表記して参りますので、以後宜しくお願い申し上げま〜す♪。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Sunday, 18 December 2005

トヨタ・カップ観戦記

…と言ってもTVでなんですが(苦笑)。

本日は広尾にあるスコティッシュ・パブに行って参りましたー。昨日のお仲間さんの中でそこに行くと言う方達がいらしたので、無理矢理乱入させてもらったンですね(汗)。お店に着くとマスターがTVの準備中でして、丁度トヨタ・カップ決勝戦が始まる直前でした。メンバーが揃ったところで、タイミング良く試合開始!

決勝戦のカードは欧州代表リヴァプールvs南米代表サンパゥロ。我々はクラィヴがリヴァプール・サポってコトで、当然リヴァを応援(笑)。スコティッシュ・パブなのでお店に居た他のお客さん達も、軒並みリヴァの応援っぽかったですねー。あーんど、リヴァプールには豪州が世界に誇るFWハリー・キューウェル(リヴァでのポジションはMF)が在籍しておりしっかりスタメン出場していたので、自分はひたすら彼を応援してました(←分かり易過ぎだし〜)。

観戦のお供は勿論、ビールとフィッシュ&チッ〜プス♪。スコティッシュ・パブに来たのに、ヴィクトリァ・ビター (豪州産)をオーダーする馬鹿がココに居ます(爆)。他、ハギス(羊の内臓等を使ったスコットランド独特の料理。食べる直前にスコッチ・ウィスキーをかけマッシュ・ポテトと混ぜながら食べる)や、シェパーズ・パイ(挽肉の上にマッシュ・ポテトを乗せて焼いたもの)、スモークドヘリング(ニシンのスモーク)等も堪能!そうそう、「王アーサー」ファンにはお約束(笑)のグィネス・ビール もちゃんとオーダーしましたよー(黒笑)。

お食事&お酒はめっちゃ美味しいのですが、試合の方は寄りにも寄ってサンパゥロが先制して前半を終了。リヴァプールも悪く無いのですが、如何せん点が入りません!こーゆー時って何やっても得点出来る気がしないンですよねー(汗)。どーやっても枠を捉えられないとなると、段々と口から出る言葉に禁断の4文字言葉が混じり始めます(←コラ待てィ)。ドフリーのシュートを外してくれたりした日にゃ、ウッカリ拳で壁を叩きたくなりますが、人様の所で暴れるのは犯罪行為なのでギリギリの所で寸止め(爆)。マジでウザい客だったコトでしょう(←一応自覚はあったらしい)。

後半が始まっても一向にリヴァプールの得点シーンを拝めません。一度ガルシァがゴールを決めたと思ったのですが、結局オフサィド判定になっちゃうし…。マスターオススメのウィスキー もそれはそれはウマー!だったのですが、結局サンパゥロにそのま守り切られてしまい、リヴァプールは敢え無く敗北してしまいました〜(涙)。

試合の結果は散々でしたが、舌&お腹の方は大×∞満足!突発参加を快く承諾して下さったお二人に感謝感激!です。五月蝿いサカオタでホントーに失礼致しました〜。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, 10 December 2005

ゲッ!ゲッ!第2弾

ゲゲゲ〜〜のゲ〜〜!(大汗)
今朝目覚めたら飛び込んで来たニュースが↓…、

こちら

なんてこったい、初戦から当たるンかァ…(がっくし)。

ココだけの話前回日本でも行なわれたW杯では、雨中の宮スタのアウェイ・ゴール真裏最前列席ど真ん中で、周囲を真っ青な出で立ちの日本サポーターに囲まれながらも、ヒッソリコッソリ(でもしっかり…)悪役系フェイスの宝庫だったトルコ・チームを応援していた非国民がココにおります(爆)。

今回は流石に現地入りは無理そーなンでTV観戦になるかと思いますが、万が一にも誰かさんとか誰かさんとかの姿が客席に映ったりなんかした日には、前回同様非国民化するお馬鹿が発生しそーな予感です…(殴打)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 16 November 2005

祝!豪州W杯出場!!

突然ですが、本日サッカーのオーストラリア代表チームが来年のドイツワールドカップ出場を決めましたー!(こちら /英語サイト)
先日ウルグァイのモンティヴィデオで行なわれたアウェイ戦は0−1と敗れましたが、今日シドニーで行なわれたホーム戦では1−0で勝利。2試合合計で1−1と同点で終了した為PK戦決着となりました。その結果4−2で見事に勝利!ナニはともあれ、大変目出度い事でございます。

各地域の連盟ごとに予選を行なうのW杯なんですが、豪州やニュージーランド等が参加しているオセアニア連盟に於けるW杯の出場枠は0.5。まずは1次予選で、ノーシードの10カ国(グループ1:ソロモン諸島/タヒチ/ニューカレドニア/トンガ/クック諸島 グループ2:バヌアツ/フィジー/パプアニューギニア/サモア/米領サモア)でリーグ戦を行ないます。次に2次予選で各グループの上位2カ国計4カ国がシード国(豪州/NZ)を交えて計6カ国のリーグ戦を行ないます。

最終予選で上位2カ国がホーム&アウェイで試合を行ない、勝利国が南米最終予選5位の国(今回はウルグァイ)とのプレー・オフを戦って、そこで勝ってようやくW杯出場が決まります(だから1ではなくて0.5になると言う…)。シード国のオーストラリアで7試合、ノーシード国なら11試合をこなしてオセアニアで1位になったとしても、プレー・オフでホーム&アウェイの2試合通して勝利を納めないと、ドイツのピッチには立てないンですね。

今回のプレーオフの相手となったウルグァイは、前回の日韓W杯予選の時と同じ相手。前回のプレーオフではホームで1−0で勝利していたにも関わらず、ウルグァイで行なわれたアウェイ戦の際にウルグァイ・サポ達の怒濤の舌禍攻撃に屈してしまい、0−3と惨敗。2試合合計1−3となってW杯出場を逃してしまったのでした。

そんな「暗い過去」のトラウマをきっぱりと払拭し、プレッシャーのかかるPK戦を制した豪州チーム、W杯本戦でも「台風の目」となる事が出来るでしょうか。今から楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 03 August 2005

プチ王国強化週間

怒濤の週末&週明けを迎えて、チョトだけヘバり気味の管理人です。うぅぅぅぅむ、矢張り寄る年波には勝てンのか…(ガックリ)。

てコトで土曜〜火曜迄、イロイロまとめてブッ込みます。池袋での「王国」再映が始まりまして、土曜の朝イチから行って参りました(笑)。ちなみに日曜も朝イチの回を鑑賞。でもって昨日は最終回。正直音響は今一つなハコですが、使用していたフィルムの状態はかなり良かったです。
ロードショウ上映期間中だと、館に寄っては傷だらけで雨降りまくりのフィルムになっちゃってたりして、めっちゃ観づらかった所もあったりしました。ヒドい所だと、リール丸々一本分が色褪せてた時もあったし(特に、カラクの合戦の所)。でも今回はそーゆーコトは全く無く、比較的画面も明るかったので、主役君の微妙な表情もちゃんと「再生」してもらってました(笑)。

しかし、オペレーターさんが不馴れなのか或いは映写装置の問題なのか、土曜朝イチの回はエンドロールでフィルムが「ぶちっ!」と音を立てて一瞬止まったのでチョト焦りました。直ぐに再起動(笑)したモノの何故か画像ピンボケ&音モノクロ再生状態になって、そのまま終了(爆)。日曜の朝イチは特に問題無かったのですが、火曜の最終回はラスト3〜40分くらいから突然音が歪み始めて、ヒッジョーーーにキモチが悪くなりました(汗)。画面はナンとも無かったんですけどねー。

それはともかく、昨日の最終回で無事鑑賞10回目を達成!後1回くらいはナンとか行きたいなーと思ってます。やっぱり大画面で観る(ってか聞く?)「スピィィィィィッッックッッ!!」はサイコーです(←ソコかッ!)

そんなプチ王国祭の最中に、「蜷川十二夜」の千秋楽公演やらフィオレンティーナ・ジャパン・ツアーにも参戦(笑)。
前者はシェークスピァの「十二夜」を歌舞伎スタイルにアレンジしていたのですが、鏡を使った演出がなかなか面白かったです。時蔵様が織笛姫(=オリヴィア)を演じていらしたのですが、チョト声がお疲れ気味だったかな〜。蜷川さんの演出は普通の歌舞伎に比べて長台詞が多いので、役者さん達も大変です(汗)。
後者は味スタでの対東京ヴェルディ戦。日本での親善試合は3戦目で、しかも中一日の移動日のみと言うハードスケジュールだった為か、観ているこちら迄グッタリしてしまう位にヴィオラの選手は走るのも辛そうでした。7月のフィレンツェは乾燥してますからねー、日本の湿気タップリな夏気候はかなりダメージ大きいんじゃないでしょーか。試合の方はヴェルディ2点先行でそのままズルズルと進み、もうすぐ試合終了ってトコロでヴィオラが1点返したモノの、そのまま終了しました。最後の5分がマジ、一番盛り上がったかも…(苦笑)。

てな状態の合間に、しっかりエピ3迄観に行ってる自分もどーなのさー(爆)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, 16 June 2005

蝙蝠男初め(ネタバレテンコ盛り)

昨夜はうっかりコンフェデ杯を視ちゃって寝不足が加速している自分です。だってだって、独国VS豪州だったんですよ!客席に仲良し兄弟が居ないかとか思っちゃったりして探しちゃったりしても仕方ないかとー!(←だから居る訳無いっちゅーねん)
結果は一応開催国の独が4:3で勝利しましたが、あのPK判定はどーみてもダイブだったと思うぞー(怒)。ヘッポコ審判の馬鹿ヤロー!!(←私情入りまくり)
でもまぁ、豪はハリー・キューウェル抜きで良くこれだけ点を取ったよなーと感心しました。飛車角オチにも関わらず、前回W杯2位の独と「ノーガードの打ち合い」に持ち込んでますからね。将来豪代表チームがオセアニアからアジアへとW杯予選の場を移して来た日にゃ、日本は勿論韓国の予選突破も相当難しくなる事は間違い無い!かと…(汗)。

さてさて、本日はNさんとMナさんの御好意に寄り、「バットマン・ビギンズ」の試写会に行って参りましたー。もう大変な事になっていますよ、マジでッ!「キングダム〜」に引き続き、素敵オヤジーズ満載映画じゃありませんかっ!

リァム・ニーソンはまたメンター役(でもって最後は**キャラ)だし、マィケル・ケィンはどこまでも若一筋&ステキ爺だし、ルトガー・ハゥアーは眼鏡ッコ&ヘタレ担当だし、モーガン・フリーマンはオタ系担当&超楽しそーだし、ラィナス・ローチはパパ全開&聴診器付だし、トム・ウィルキンソンのイタリア系マフィア設定は無理アリ過ぎだし、あのゲィリー・オールドマンが何故か癒し系担当(え?)だし、何でこんなにカッコカワエエ系オヤジーズばっかなんだーーー!!

そんでもって若!若ですよ!オヤジーズには未だちょっとばかり早い、アヒル口のあの人ですよ!「アメリカン・サイコ」のプルプル君で、Nさんのガンカタの師匠で、「サラマンダー」のトラウマ戦士で、「マシニスト」の骨皮スネ男君ですよー!彼が主役の作品は何ゆえに皆、ギャグ映画(爆)になるんだー!!
自分的には「スクール・オヴ・ロック」以来の大爆笑ムーヴィーだったんですが、あんまりにも笑い過ぎちゃって、すっかり「涙が止まらニャい」状態でしたがなー(爆)。

欧州系役者のお約束(笑)でちゃんと「脱ぎ担」だった若なんですが、「マシニスト」で骨皮スネ男君だったのが信じられない位に、上腕二頭筋やら三角筋やら僧帽筋やら大胸筋やら広背筋やら腹直筋やら外腹斜筋を鍛えまくってます!当社比2倍増とは言わない迄も、1.7倍位体重増えてたンとちゃいまッか!?(増えた分はモチロン全て筋肉…
その上アレだけ全身マッチョマーンなのに、顔はホッソリスッキリ系のまンまってのが凄過ぎ…(汗)。

同じくオヤジーズではありませんが、忘れちゃイケナイ、キリァン・マーフィー!予想を裏切らないどころか、ソレを遥かに上回る鬼畜サイコキャラっぷりを発揮してくれてて、目出度く「マイ悪役リスト」入りでございます(パチパチッ!)。やっぱり欧州系の役者さんは芸達者ばかりでエエですなー!ちょっぴり眼鏡ッコ美人さん風なのに、思いッ切り目がイッちゃってて、ツヤツヤ・リップも気色悪さを倍増させちゃってるし、極め付けはなんてったってあのカブリ物ですがなーッ(大爆笑)!

こうやって見ると、ホントに自分は欧州系の役者さん達に弱いと言う事が良く分かります(苦笑)。そんな中、何の違和感も無くモーガン爺@米国出身が溶け込んでいるってのもどうよ…(←一応本日のオチらしい)。

え?謙様?謙様はですねぇ…、あんな役何も無理して謙様が演らんでも良かった気が…(ごにょごにょごにょごにょ)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Thursday, 26 May 2005

みぢめな自分を愛でてみる

とりあえず、叫ばせて下せぇまし。





ACミ*ンのバカヤローー!(哭き)

はい、バカサポの叫びでした。

数時間の仮眠後に夜中の3時に起き出して、地上波放送のチャンピオンズリーグ生放送を視たワケですね。開始2分くらいでマイ・フェイヴァリットDFパォロ・マ*ディーニが得点、前半だけで合計3点も取ったら、普通は楽勝じゃねーのかぁ!?なのに、なんで後半で同点に追い付かれた挙げ句に延長でも点が取れず、遂にはPKでボロボロ失敗して負けなきゃなンないんだよーー!(号泣)睡眠時間を返せー!(←八つ当たり)

むかーし昔、UEFAカップでアーセナルがスコアレス・ドローの末に、ガラタサライにPK負けした時並の凹みっぷりで一日を過ごしました。こうなると眠気も倍増&辛い事この上無いです(自業自得)。要するに、サッカー・オタってこう言う生態を日々さらして生息しているンだ、って事でお後が宜しいようで(←どこが?)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 23 May 2005

エピ3@モナコ

昨夜はモナコGP観戦@フ*テレビでございました。目的は勿論エピ3仕様のレッドブル・レィシングだぜーー!同じ事してる星戦争ファンが100億人くらい発生してたでしょうなッ!(←白髪三千丈也)
番組のオープニングBGMとして何故か「王アーサー」のサントラが使われてたもんだから、一気にテンションMAX状態にッ!まぁ確かに、マシーン=馬でドラィヴァー=現代の騎士と言えなくも無いか(苦笑)。
その後、現地リポーターとして登場した3人の中に「オーリー、がん*って!」のあのアイドルが居たので、一気にテンションが落ちた自分でした。いや、彼女は悪く無いんだろうなぁ、単に依頼された仕事をこなしただけなんで。問題なのはあーゆー宣伝を恥ずかし気も無く作る配給会社の方なんですが…(もにょもにょもにょもにょ)

前日の予選でもストーム・トルーパーズを従えたヴェイダー卿がモニターをご覧になっていらしたり、チュウィーがピット前で佇んでたりしたレッドブル・レィシング・チームでしたが、本選では何とストーム・トルーパーズのヘルメットを装着したピット・クルーがマシーンをお出迎え!ロリポップマン(レース中のピット作業の監視役。ロリポップ・キャンディー型の長い柄付きの板を使って指示を出す事からこの名前で呼ばれる)なんてヴェイダー卿のメットですよぉ!うーらーやーまーしーーーー!
ルーカス御大もしっかり観戦に訪れて何故かロベ・カルと一緒に記念撮影(笑)。他にもジダンミッシェル・ヨー等のセレブも観戦に訪れた模様です。

さて、肝心のレースの方ですが、レッドブルは何と2台ともリタィアと言う残念な結果に…(涙)。う〜ん、ヴェイダー卿のペィンティングが良く無かったのでしょーか?何のかんのと言ってもヤラレ・キャラ(爆)ですからね〜。

1位に輝いたのは、フラィング・フィン(カッ飛びフィンランド人?位の意味合い)の称号を受け継いだキミ・ライコネン(フィンランド/マクラーレン・メルセデス)。2・3位をウィリアムズ・BMW陣が占めました。BMWと言えばクラィヴがイメージ・キャラクターを努めてるメーカーですな(闇笑)。
ちなみに3位に入ったマーク・ウェバーは、豪州出身でジョエルのオトモダチだったりします。てことで、久々にEDGE兄弟ネタでオチが付いたぞ、と(←威張ってどーする)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, 20 May 2005

最終章公開

エピ3、全米で公開されました。あーー、うらやましーー!初回上映だけで1650万ドルの興行収入だそーですよ。全米中のありとあらゆる職場で「病欠」の人達が一気に増えてるのは間違い無いかと(笑)。専門家の試算によりますと、その為の経済損失はこの2日間で6億ドル以上になるかも?だそーで。どこかの映画館の前にはエピ3の為に並んでいても仕事が出来る様に、PC等を備えたバスまで用意されたらしく、何ともアメリカらしい事になってます。

エピ3プレミアが行なわれたカンヌから程近い、世界で二番目に小さい国と言えばモナコ公国。映画ファンにはグレース・ケリーの嫁ぎ先としてお馴染みかと思います。
そのモナコのリゾート地モンテ・カルロ市街で、モーター・スポーツの最高峰F1グランプリ第6戦が今週末行なわれます。世界中で行なわれるF1の中でも最高のスティタスを誇るこのレースでさえ、今年の話題はもっぱらエピ3!参加チームの1つ「レッドブル」が、何とエピ3とプロモーション契約を結んだンですねーー。ってことで、マシーンも思いッ切りエピ3仕様でございます(笑)!このペィンティングのミニチュアが発売されたりしたら、勢いで買っちゃいそーなくらいにカッコエエですー(じたばたじたばた)!!
ピット(レース中に各チームがマシーンを調整するスペース)には、ルーカス御大が星戦争キャラを引き連れて御登場。クルサードの隣にヴェイダー卿が立つ日が来るなんて!とこれまたじたばたしてます(クルサード結構好きなんですよ)。それにしてもチュウィー&ヴェイダー卿てば、デカ過ぎ!クルサードだって身長180以上あるんだぞー(汗)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, 06 May 2005

ピッチの外でも暴れン坊

色々と憶測&噂が飛び交う「Xメン3」ですが、Xメン・シリーズ屈指の暴れまくりキャラ「ジャガーノート」に、「ロック・ストック・アンド・トゥー・スモーキング・バレルズ」や「スナッチ」「ソードフィッシュ」等に出演しているヴィニー・ジョーンズが、正式にキャスティングされたらしいです(こちら)。ヴィニー自身の公式サイトでも公表されましたから、ほぼ決まりと言っても良いかと。

ヴィニー・ジョーンズと言えば英国フットボール界から俳優へと転身した異色の存在。元ウェールズ代表で、ショーン・豆のお気に入りチーム「シェフィールド・ユナイテッド」に所属してた事もあります。ポジションはディフェンダー、かつて開始3秒でイエローを喰らった事もある、ピッチの上の暴れン坊でございました。あちらではヴィニーが相手にタックルを喰らわしてるシーン(効果音付き)ばっかり集めたヴィデオが発売された程です。なんてったってあだ名が“Crasher”(壊し屋)でしたから…。

そんなワケで俳優デビュー後もひたすら強面系の役ばかり演じてます(笑)。今回ジャガーノート役に抜擢されたとしても何の違和感も無いって事ですな。原作コミックに於けるジャガーノートのキャラ立ちや他のキャラとの絡みを考えると、無意識の内に不穏な笑いが浮かんで来てしまう自分でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)