Saturday, 25 February 2006

はうはうッ!!

毎日なんだかんだと色々あって、ただでさえメモリー容量が少ない脳味噌がフリーズしそうになっておりま〜ッす。一体ナニゴトかと申しますと、某Vさんの方はことごとく玉砕した自分ですが、来週加奈陀大使館で行なわれるジョン・ハゥ氏のレセプションの方は行ける事になりそーなんです。うわーーー!憧れの生ハゥ氏に会えるぞーーい!

もう10数年も前の事になりましょうか、自分は日本では多分名前を知らない人達が圧倒的に多いであろう某国の空港に居りました。ロビーでふらふらと覗いていた売店の店先には、お決まりの観光用ポストカードが沢山売られていたのですが、その他になぜかトールキンの挿絵のポストカードも10数種類程置かれていました。他の空港でそーゆー類いのカードは殆ど見かけませんでしたから、多分売店のスタッフの誰かの趣味だったンでしょうかね〜。

特に誰が描いた絵だからとか言う事も無く、目を引いたカードを何枚か購入。スマゥグとビルボのシーンとか、ワーグとか色々な挿絵のカードを買ったのですが、その中でも特にお気に入りでずっと大事にしていたのがこの挿絵 のカードでした。時は流れ指輪の映画化が決まり、そのデザイン画を求めてネットの海を彷徨い始めた頃にこの画像 を見て、「あ!あの時買ったカードの人の絵だ!」と突然閃いたのです。あわててポストカードを裏返してみると、そこには“John Howe”の文字が!ナンかこーゆーパターン多いよなー、自分。と言う事で、苦節十ン年分の想いを抱えて(←大袈裟)生ハゥ氏を堪能して参りたいと思ってます。

今日の夜は、以前にも行った五反田のオイスター・バーでTさん&Yさんとディナーでした。お二人は昨日、某Vさんイヴェントに行って来られたので、その時の模様を色々伺ったりとか、「王様のBランチ」に出演したVさんの様子とか、なんかもうその辺のオコチャマ状態だったらしいVさんを肴に大いに盛り上がった夜でした〜♪。ご一緒して下さったお二方、どうも有難うございました!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Wednesday, 21 December 2005

職業は映画監督…?

毎度飽きもせずネットの海をふらふら漂ってて、今まで見た事無いナッシュ兄ちゃんの画像にブチ当たりましたー!個人サイトさんなので、アドレスのみ貼付け♪。お手数ですがコピー&ペーストで閲覧して下さいましs↓。

www.nickbowers.com/portfolio.php?c=4

画像に添えられたコメントが“Film Director Nash Edgerton 2005”となってますけど、実際のトコロ豪州エンタメ界における兄ちゃんの立ち場って、スタントマンと映画監督のどっちがよりウェイトを占めてるかは、結構ビミョーかもです。

ちなみにココはニック・バゥワーさんと言う豪州のプロ・カメラマンさんのサイトでして、トップ・ページでもしっかり兄ちゃんがお迎えしてくれてます(笑)↓。

www.nickbowers.com/

でもって最初にコレ見た瞬間、「ホ*ムレスがウッカリ、フォト・セッションに迷い込んで来たのか?」って思っちゃった事は大いにナイショです…(←お前ホントにファンなのか?)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 12 August 2005

ウーキーはデカかった…

ネット上の懸賞等で招待券プレゼントを見付ける度に、片っ端から応募しまくった甲斐があり、先日見事に「アート・オヴ・スター・ウォーズ/エピソード3展」のペア券をゲットした萬太です。ッて事で、お盆休暇を無理矢理もぎ取り身内を強制連行して、本日参戦して参りました!うわーーい!2,500円浮いたぜー!(←セコいファンだなぁ…)

一応第一展示会場が目黒区美術館、第二が東京国際フォーラムと言う設定になってますが、何となく都心の方が混みそうな気がしたので、フォーラム→目黒の順で回る事にしました。

中は勿論「撮影禁止」でしたので、外側だけでも証拠写真を(笑)とばかりに、何枚か撮ってみたりして。こちらこちらが第一展示会場のフォーラムの外観です。その周囲もこんなカンジでヴェイダー卿仕様になってます。

第二展示会場は入口を抜けると直ぐに、リー様@ドゥークー伯爵様のお衣装がありました〜(うっとり)。こちらには実寸大のスター・ファイターやオーガナ議員の衣装、エピ3冒頭のアナキンの衣装やエピ2のタトゥーインでのパドメの衣装なんかもあります。エピ3のアナキンのスター・ファイターにはちゃんと、R2−D2が脚部が剥き出しのまま、ずっぽりハマってました(笑)。その脇で、実際にこのファイターが使われている映画の1シーンを上映してたのですが、それを視ていた小学生の男の子が突然、「ウワ!これホントの映画をやってるよ!」とビックリしてました。コドモってホントに楽しいですなー。
エピ1で登場したダース・モール関連の展示の所では、二人組の若いお兄ちゃんの片方が「これってエピソード3に出て来ないんだっけ?」と相方君に質問、「あー、どーだったっけ?」と相方君が答えてました…(苦笑)。正解はエピ1にあるからね。

第一展示会場のある目黒区美術館へは、駅から権之助坂を下って行くのですが、歩道に建てられた街灯にはヴェイダー卿の旗がずらーーっとぶら下がってました。丁度お祭りが近い事もあって、こんな風景がなちゅらるに存在してます(笑)。
その後、目黒川沿いの遊歩道を歩き、区立プールの角を曲がった先の公園ちっくな木立の奥に、美術館があります(こんなカンジ)。プールで遊ぶオコサマ達の声やら蝉の大合掌なんかが響き渡り、向日葵が暑さでちょっとヘタレてる癒し系の空間が広がる中、真っ赤に燃えるヴェイダー卿のお姿があるッてェのも、なかなかシュールな光景でございます(笑)。

美術館の入口を入ると「エピ3展」の看板がドンと置かれてました(こんなんです)。その脇に受付があり、階段を上がった所にパルちゃん専用拘束椅子(笑)が展示されてました。

第二展示会場ではエピ3から始まり各エピソードごとに展示が並んでおり、各々のエピソードのボードには主要キャストの名前が印刷されてました。となるとやる事は只一つ!エピ2&3展示のキャスト表に目を通すと、“Joel Edgerton”の文字が燦然と輝いているじゃありませんかー!(←妄想入り過ぎ)
同行した身内に「ココ見ろやー!」とジョエルの名前を指差して見せたら、「分かった分かった…」とばかりに呆れ顔をされましたが、次の瞬間ヤツはふと何かを思い付いた様な表情になり、一言ポツリと呟きました…。

「ッて事はさー、キーラも居るって事ぢゃん?」

一瞬互いに顔を見合わせ、そのままエピ1展示目掛け二人揃ってハイパードラィヴ(←大袈裟過ぎ!)、“Kiera Knightley”の一行を発見しましたー!こんな所にナイツな世界が展開してるなんて、素敵過ぎる展覧会ですなー(←目的間違ってます)。

会場内ではメイキング等の映像が流れてたりもするワケですが、それを視てたら突然眼鏡&ヒゲの丸ッこい見慣れた姿が…。うわわわッ!PJぢゃんかッ!!ナンで突然こんな所でインタヴューに答えてるんだァ?!(爆)
今でこそダィエット&視力回復手術で随分スッキリモードになっちゃいましたが、あの懐かしいホビットそのまんまのPJが、そこかしこで喋っていましたよー(笑)。PJ@キング・オヴ・ホビットに会いたい方がいらっしゃいましたら、どうぞ目黒美術館へお越し下さいませ〜(←指輪DVDでも会えるってば…)。

こちらでは、等身大ウーキー二人(or二頭?)にも会えましたが、改めてそのデカさを実感!他にもヴェイダー卿誕生の重要アイテム=手術台とか、青&赤のガードの衣装とかも展示されてました。

美術館の一角には喫茶スペースがあるのですが、そこでは星戦争仕様のペ*シが販売されてる上に、オマケ・グッズが色々展示されてました(これとかこれとかこれ)。この辺のブツがペプ*さんの御好意による物なのか、はたまたスタッフの中にコレクターが居るのかどうかは未確認でございます(爆)。

お盆期間の平日と言う事で人出もそれ程多くなかった為、両会場共にゆったりまったり展示を観る事が出来ました。チケ代はタダだったし、ジョエル&キーラの文字も目にしたし(←ソコかよ!)、PJにも会えたし(←え゛?)、めっちゃお得感の高い一日を堪能した気がします。これこそ正に、『小市民的幸せ』ッてヤツだな(←マジ、セコ過ぎだから…)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, 03 August 2005

プチ王国強化週間

怒濤の週末&週明けを迎えて、チョトだけヘバり気味の管理人です。うぅぅぅぅむ、矢張り寄る年波には勝てンのか…(ガックリ)。

てコトで土曜〜火曜迄、イロイロまとめてブッ込みます。池袋での「王国」再映が始まりまして、土曜の朝イチから行って参りました(笑)。ちなみに日曜も朝イチの回を鑑賞。でもって昨日は最終回。正直音響は今一つなハコですが、使用していたフィルムの状態はかなり良かったです。
ロードショウ上映期間中だと、館に寄っては傷だらけで雨降りまくりのフィルムになっちゃってたりして、めっちゃ観づらかった所もあったりしました。ヒドい所だと、リール丸々一本分が色褪せてた時もあったし(特に、カラクの合戦の所)。でも今回はそーゆーコトは全く無く、比較的画面も明るかったので、主役君の微妙な表情もちゃんと「再生」してもらってました(笑)。

しかし、オペレーターさんが不馴れなのか或いは映写装置の問題なのか、土曜朝イチの回はエンドロールでフィルムが「ぶちっ!」と音を立てて一瞬止まったのでチョト焦りました。直ぐに再起動(笑)したモノの何故か画像ピンボケ&音モノクロ再生状態になって、そのまま終了(爆)。日曜の朝イチは特に問題無かったのですが、火曜の最終回はラスト3〜40分くらいから突然音が歪み始めて、ヒッジョーーーにキモチが悪くなりました(汗)。画面はナンとも無かったんですけどねー。

それはともかく、昨日の最終回で無事鑑賞10回目を達成!後1回くらいはナンとか行きたいなーと思ってます。やっぱり大画面で観る(ってか聞く?)「スピィィィィィッッックッッ!!」はサイコーです(←ソコかッ!)

そんなプチ王国祭の最中に、「蜷川十二夜」の千秋楽公演やらフィオレンティーナ・ジャパン・ツアーにも参戦(笑)。
前者はシェークスピァの「十二夜」を歌舞伎スタイルにアレンジしていたのですが、鏡を使った演出がなかなか面白かったです。時蔵様が織笛姫(=オリヴィア)を演じていらしたのですが、チョト声がお疲れ気味だったかな〜。蜷川さんの演出は普通の歌舞伎に比べて長台詞が多いので、役者さん達も大変です(汗)。
後者は味スタでの対東京ヴェルディ戦。日本での親善試合は3戦目で、しかも中一日の移動日のみと言うハードスケジュールだった為か、観ているこちら迄グッタリしてしまう位にヴィオラの選手は走るのも辛そうでした。7月のフィレンツェは乾燥してますからねー、日本の湿気タップリな夏気候はかなりダメージ大きいんじゃないでしょーか。試合の方はヴェルディ2点先行でそのままズルズルと進み、もうすぐ試合終了ってトコロでヴィオラが1点返したモノの、そのまま終了しました。最後の5分がマジ、一番盛り上がったかも…(苦笑)。

てな状態の合間に、しっかりエピ3迄観に行ってる自分もどーなのさー(爆)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)